外面だけはいいので…自分が親近感をもたれやすいと思う理由とは

初対面の人には、親近感を持たれやすいイメージがあるととても有利です。どのような人に、親近感を持つのでしょう。

コミュニケーション
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

初対面の人と仲良くするには、コミュニケーション能力が求められます。さらには親近感を持たれやすい人なら、相手も警戒心なく接してくれるでしょう。


■女性は親近感を持たれやすい

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、自分は親近感を持たれやすいと思うか、調査を実施しました。

自分は親近感を持たれやすいグラフ

「親近感をもたれやすいほうだ」と答えた人は、全体で42.5%でした。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっています。

自分は親近感を持たれやすい性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、自分が親近感をもたれやすいと思う理由について聞きました。


関連記事:出会ってからスマートに! 短期間で彼を落としたエピソード

①口角が上がっている

「私は口角が上がっていて、いつも笑顔でいるように見られます。そのために周囲からは、『愛嬌がある』などと言ってもらえるんです。


笑顔に見えるだけで、話しかけやすいイメージを持たれるのはうれしいところ。私自身はじつは少し人見知りなので、あちらから話しかけてもらえるおかげで助かっています。


怒っているのに笑っているように見えるところはデメリットですが、それ以上にメリットのほうが多いので問題ありません」(20代・女性)

次ページ ②外面だけはいい

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事