彼氏との相性が分かる!? テレビでニュースを一緒に見た結果…

普段、何気なく見ているテレビ。でも、彼氏と一緒にニュースを見ることって中々ないのでは?

呆れる女性
(Wavebreakmedia/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚したいけれど、この人でいいのかな…と悩んでしまう婚活女性は少なくありません。見極めるコツを既婚女性たちに聞いてみると、ニュースを一緒に見ることがおすすめなのだとか。

その理由について、fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。


①知らない単語が多すぎて唖然!

「『新型コロナの影響を受けてGDPが大幅減』というニュースを見て、『GDPって何だっけ? 早めに買っておいた方が良さそうだね』と彼氏に言われ、唖然としました。


文脈から、GDPを何かの商品だと勘違いしているのでしょう。今まで学歴はあまり気にしていませんでしたが、中学校の社会で習うような知識もないのは残念過ぎます」(20代・女性)


「『FTA』や『TPP』を『BTS』のような韓国アイドルグループだと勘違いしていた彼氏。


どうりで、保険や医療費の話をしても噛み合わないわけだ…」(20代・女性)


関連記事:行動あるのみ! 「結婚できる女」と「結婚できない女」の違い

②価値観の不一致が明らかに…

「セクハラ告発のニュースを一緒に見ていた時、『冤罪って怖いよね』と言い出した彼氏。確かに、男性側からしたらそういう心配の方が大きいのかもしれませんが、女性の立場として、いい気はしませんでした。


また、女性の気持ちに寄り添えない彼氏の考え方にガッカリしたのも事実です」(30代・女性)


「消費税増税前の買い溜めがニュースになっていた時、『買い溜めしている人全員、選挙行ってるのかな?』と何気なく呟いたら、『え? なんで?』と彼氏に聞かれて呆然としました。


選挙にも行かないで文句を言ったり買い溜めをしたところで、状況は何も変わらないでしょう。この人と自分とは根本的な価値観が違うと思い、一気に冷めました」(30代・女性)


③すぐにチャンネルを変えられ…

「『やっぱりお笑いの方が面白い!』と、ニュースから秒でチャンネルを変えた彼氏。まるで子供もみたい!


こんな人が父親になるなんて、絶対無理だわ…」(30代・女性)


婚活中の女性は、参考にしてみてもいいかもしれません。

・合わせて読みたい→結婚相手を見つけるために…婚活で女子が捨てたもの3つ

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事