消毒液でアソコを綺麗にしようとした女性、エリマキトカゲと化す

ついでに消毒した部位に悲劇が訪れる…。

エリマケトカゲ
(GlobalP/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中で蔓延する中、台湾にて消毒液に関する少しホッコリするような投稿が行われ、「思わず吹いた」と大きな反響を呼んでいます。


■彼女が行った”バカなこと”とは?

ウイルス対策の為、アルコールティッシュやエタノールが日本と同じく飛ぶように売れている台湾の暴露系フェイスブックコミュニティ「爆怨公社」に投稿されたのは「すごく言いにくいけど笑ってくれ…」という書き出しの告白。

この女性は「さっきすごくバカなことをした」と前置きしながら、仰天の”消毒液使用法”を発表したのです。


関連記事:酒造会社、消毒液と同じ度数のアルコールを製造 「状況の改善に」

■消毒液でついでにアソコもシュッシュ

近日、女性の「アソコ」がモヤモヤし「痒くて痛い感じ」だったと話した彼女は数日間お風呂上りに薬を塗っていたそうなのですが、丁度手に入ったエタノール消毒液を見て「これを使ってみてはどうだろう」と閃いたそう。

「頭がおかしいことは認める。その時はエタノールで消毒すれば痒みも収まるかなって思っちゃったんだ…」と後悔をにじませながら語っています。

同時に2回ほど「シュッシュ」とエタノールをかけた直後は「スースーしてる! 効いてる効いてる!」と思ったことも明かしました。

次ページ ■スースーした後は?

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事