本命彼女だったのに… 都合のいい女性に成り下がった瞬間

本命彼女でも、都合のいい女に降格することがある?

泣く女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

たとえ本命女子であってもタブーをおかせば、男性から飽きられてしまったり、都合のいい相手に成り下がってしまったりすることがあります。

そんなことになったら、とても辛いですよね。そこで、fumumu取材班は、失敗談を聞いてみました。


①放任主義は不幸な結果も招く

交際したてのラブラブ期間でも、油断してはいけないそう。

「彼から、愛されているなあと思ったとしても、それが短期間であれば安心してはいけませんね。私がそうだったのですが、つい先日都合のいい女に格下げされてしまいました。


原因は、私があまりにも放任主義だったからというのもあります。束縛は、自分がされたくないので私もしませんでした。けど、程よい干渉というのはあったほうが良いです。


でないと、少し男性はモテてしまうと有頂天になってしまい、他に女を作ってしまうんです。効き目があるのはきっと、図に乗らせてはいけないということを、あらかじめ男子に伝えておくことが重要なんだろうなと感じます」(20代・女性)


関連記事:その恋、本物? 都合のいい女にならないための3ヶ条

②彼軸に生活を合わせ過ぎた時

いくら彼が好きでも自分を犠牲にしてまで尽くしすぎるのは考え物かもしれません。

「最初は恋人同士だったのに、わたしが彼のことを好きになり過ぎて、全てを彼中心に合わせていたら、ただの便利な女に成り下がっていたことがありました。


会う日時も自分の予定を犠牲にして彼に合わせていたので、彼からしてみれば『ヤリたいときに呼べば来てくれてヤレる女』だったみたいです。すべてを彼中心にして生活を送るのは危険だと学んだ恋でした」(20代・女性)


③ガサツな一面を見せすぎた

彼に大切にされていたはずなのに、彼の浮気が発覚し、都合の良い女に成り下がってしまったそうです。

「元々はラブラブで私のことも大切にしてくれていた彼。しかし、それに安心してガサツ女子をさらけ出していたら、時間が経つにつれて彼の気持ちは冷めていったようで、ある日浮気が発覚しました。


しかも、その浮気相手がメインになっており、私はいつでも呼び出せる都合の良い女になっていたのです。本当に悲しく、悔しい気持ちになりました。その後彼とはすぐに別れました」(30代・女性)


彼のことを思いやりつつも、自分の軸をしっかりと持っておくと良さそうです。

・合わせて読みたい→男子が思う「本命」と「キープ」の違い

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事