「あの人に嫌われてるかも…」 思い込みスイッチが発動する前に意識したいこと

相手の些細な言動で、「嫌われてるかも!?」と思い込んでいませんか? 

悩む女性
(Viktor_Gladkov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「挨拶返してくれなかった、嫌われているかも…」「不機嫌そうだった、私がなにかしたのかも…」 そんな不安を抱えて生活をしていると、自分が思っている以上にストレスが溜まっていくものです。

人からの好き嫌いをつい気にしてしまう性格を、どうにかやわらげる方法はないのでしょうか?

fumumu取材班が、「絶対嫌われた!」と思い込む前に意識したいことを聞いてきました。


①普段の態度と比べる

「職場でいつも不機嫌な人がいて、挨拶をしてもたまに無視されることがあるんです。考えすぎてしまう性格なので、つい『嫌われたかな? なんかしちゃったかな?』と怖くなるんですけど…。


そういうときは、普段のその人の態度と比べるようにしています。いつも態度が悪くて、他の人にも同じ態度なら、私だけ嫌われているわけではないと思うので。


『私が嫌われているわけじゃなくて、ただの性格が悪い人か!』と思えたら、気持ちも軽くなります(笑)」(20代・女性)


関連記事:「絶対こういう人だ!」 相手を決めつける癖を直す方法

②事実と想像を分ける

「相手に嫌れているかもと思うときは、高確率で事実と想像が混ざっていると思います。相手に実際に言われたことと、そこから自分が考えた悪い想像が、どちらも事実のようになっているんですよね。


事実と想像をちゃんと分けることで、大したことをされたわけではないと気がつくこともあると思いますよ。


どうしても悪い想像をしてしまうなら、第三者に話を聞いてもらってもいいと思います。客観的な意見を聞くことで、自分が考えすぎていたと思える場合もありますから」(20代・女性)


③嫌われていたとしても…

「相手から嫌われているかもしれないと思ったら、『まぁ、嫌われてもいっか!』と割り切るようにしています。もし本当に嫌われていたとしたも、それはそれで仕方ないじゃないですか。


自分のことを嫌いな人と、無理に仲よくしたくもないですから。それに、相手から嫌われているかもと感じるときって、自分が相手に苦手意識があることが多いんですよね。


自分が相手と仲よくしたいと思っていないのに、相手から嫌われることを怖がっても、あまり意味がないのかなと思います」(20代・女性)

嫌われたかもしれないと不安に思っても、その答えはなかなか出ないものです。

不安にまみれて生活するよりも、嫌われたら仕方ない! と割り切って過ごすことも、ひとつの方法のようですよ。

・合わせて読みたい→上から目線になってない? 相手を見下している人の特徴

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事