コンプレックスを克服するには? 自分の嫌いなところと向き合う方法

自分が抱えているコンプレックス。解消する方法はあるのでしょうか? fumumu取材班が聞いてきました。

ベッドで悩む女性
(bunditinay/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

容姿の悩み、能力の悩み、性格の悩み…人それぞれ、抱えているコンプレックスは違います。コンプレックスを解消したいと思っても、簡単なことではありませんよね。

自分の嫌いなところと向き合うために、なにを意識したらいいのでしょうか? fumumu取材班が、コンプレックスと上手に付き合っている人たちに話を聞いてきました。


①具体的な対応策を探す

「私は、鼻が低いことがコンプレックスだったんです。SNSでノーズシャドウやハイライトのやり方を勉強して、少しでも鼻を高くするようなメイクをするようにしました。


なにもしていなかったときより、ずっと自分のことを好きになれましたよ。そのままの自分でいい! という意見も聞くけど、低い鼻をそのまま好きになることは、私にとっては苦痛だったんです。


自分のコンプレックスがどこかを冷静に判断することができれば、具体的な対応策を探すこともできるんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:自分ではコンプレックスな部分を他人に褒められた体験談

②短所を人に認めてもらう

「コンプレックスだと思っているところを、自分の気持ちだけで好きになるのは難しいと思います。いいところを探そうとしても、自分で嫌いと思っているんですから。


自分の短所は、人に認めてもらうことで、初めて好きになれると思うんです。私は、人の輪にすぐに入れない根暗な性格がすごく嫌だったんですけど…。


友達が『いつも周りを気遣ってくれるところ、すごくいいところだと思う』と言ってくれてから、華やかではない性格も、少しだけ好きになれた気がするんです。


信頼している人にコンプレックスを打ち明けることも、ひとつの方法だと思います」(20代・女性)


③嫌いだと認めてあげる

「最近、ありのままの自分を愛そう! あなたはそのままでかわいい! のような、ポジティブなメッセージが多いじゃないですか。


そういうのを見て、自分のコンプレックスを好きになろうと努力したこともあったんですが、やっぱり無理で…。コンプレックスを解消できないことで、さらに自分が嫌になってしまったんです。


もう、嫌いなところは嫌いなままでいいやと割り切ったほうが、私は楽になりました。一部分を嫌いだと認められると、対比で『でもここは自分の長所だな』と見えてくることもあったんです。


自分をすべて好きになるより、自分の短所と長所を客観的に判断するほうが、私には合っていました」(20代・女性)

コンプレックスが人によって違うように、コンプレックスとの向き合い方も人によって違います。

自分に合った解消法を、できることから試してみてくださいね。

・合わせて読みたい→整形ってどう思う? 男女間・世代間の意識の差は埋まらず

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事