ヤバ過ぎ…SNSでドン引きした自撮り男子のパターン4選

男性のセルフィーを見たことがきっかけで、愛が冷めることもあるのかもしれません。

(twinsterphoto/iStock/Thinkstock)

仲良くなろうとSNSのアカウントを交換したものの、アップロードされている写真を見てドン引きした経験はありませんか?

中でも、自撮り写真をアップして、アイコンにもしている人は多いですが、あまりにもやりすぎな男性の自撮りは、どんなに魅力的だと思っても「自分が大好きなナルシスト」のイメージがついてしまいます。

 

■男性の自撮り写真が嫌な人はどれくらい?

fumumu編集部が全国20〜60代の女性688名を対象に、SNSに男性が自撮りを投稿していたら引くか調査したところ、「YES」は54.9%。

半数以上の女性は、男性がセルフィーを投稿していることに苦手さを感じるようです。

SNS

fumumu取材班は、女性たちに「気持ち悪いと思った男性の自撮り」を聞いてみました。

 

①カメラを上にして上目遣い

「女の子がやるような、上目遣いの自撮りを投稿していた人がいました。イケメンがやっても引くのに、自撮りのイメージがなさそうな男性だったので、なおさら『嘘でしょ…』な気持ちにしかならなかったです」(20代・女性)

 

②カッコよく見える向きで…

「自分が良くみえる向きなのか、顔の右サイドばかり自撮りしている男性がいたんです。そんな顔の向きまで考えて撮影をしている男なんて見たことないしドン引きだった」(20代・女性)

 

③ベッドで彼女に甘えている風

「ベッドに横になって甘えた顔の自撮りを投稿していた男性。普通の自撮りはそんなに気になりませんが、これは見た瞬間、真横にいるようで気持ち悪くて、ちょっとした害を感じた」(20代・女性)

 

④背景に部屋の生活感満載

「男性の自撮りって、背景にタンスの襖やカーテンやらが写り込んでいることが多くて、自宅で頑張って撮った感がわかって苦手。男女ともに自撮りに違和感がない人って、背景が綺麗な気がする…」(20代・女性)

 

SNSの写真やアカウントのアイコン画像は人柄が出ていておもしろいですよね。 でも、反面教師として、自分もこんな自撮りを投稿していないか、出会いの多い春だからこそチェックしておきたいですね!

・合わせて読みたい→もしかして私、かまってちゃん? 恋愛依存な人で多い理由に納得

(文/fumumu編集部・コッセン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の女性688名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!