カメラロールが自撮りばかり…自分がナルシストだと思った瞬間

自分のことを好きな人は、楽しい人生を送れるはずです。しかしナルシストまでなると、迷惑になることも。

自撮り
(miya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

楽しい人生を送るには、自分のことを好きでいることが大切です。しかしあまりに自分が好きすぎて、ナルシストになってしまうのはよくありません。


■「自分のことが好き」4割程度

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、自分のことが好きか、調査を実施しました。

自分のことが好きグラフ

「好きだ」と答えた人は、全体で41.9%でした。

fumumu取材班は女性達に、自分がナルシストだと思った瞬間について話を聞きました。


関連記事:全然笑えない…「ナルシストがすぎる」男女のドン引き言動

①鏡の前からなかなか動かず

「私は何気なく鏡を見ているつもりでも、かなり時間が経っていることがあります。家では頻繁に手鏡で自分をチェックして、『なかなかいい感じなのでは?』と思っているんです。


外出先でトイレに行ったときも、つい鏡の中の自分に目がいってしまって…。いつも鏡の前でなかなか動かないので、友達には『また始まった』と言われてしまいます」(20代・女性)

次ページ ②カメラロールが自撮りばかり

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事