「どうして怒鳴るの…」 いちいち声を荒げる上司への上手な対処法

些細なことで爆発して、大きな声で怒鳴ってくる上司。上手な対処法を聞いてきました。

耳を塞ぐ女性
(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

導火線が短く、些細なことで爆発する上司。あなたの周りにもいませんか?

大きな声で怒鳴ってくる相手に、どうやって接すればいいのでしょうか。fumumu取材班が、いちいち声を荒げる上司への対処法を聞いてきました。


①話が終わるのを待つ

「怒っている人に対して、話の腰を折って反論するのは逆効果だと思います。話をストップされたことに、さらに怒ってしまうんですよね。


怒りを聞くのは疲れますけど、余計な油を注がないためにも、話が終わるのを待つほうがいいと思います。


一旦怒りを発散してもらうことで、冷静な話し合いに持ち込めることも多いですよ」(20代・女性)


関連記事:すぐにイライラしていない? 怒りの沸点が低い人の考え方

②同じ熱量で話さない

「怒鳴っている人に張り合うために、こちらも同じ熱量で返してしまうのは危険ですよね。ただの怒鳴り合いになってしまって、取集が付かなくなってしまうと思います。


喧嘩と話し合いは、まったく違うものですから。喧嘩になると、なにも解決できずにお互いイライラするだけだと思います。


相手が怒鳴っても、あくまでもこちらは冷静に返して、相手の怒りに引きずられないことが大切です。相手の怒りに巻き込まれると、自分が疲れてしまいますから」(20代・女性)


③お礼を言うときは大げさに

「いつも怒鳴っている人って、周りから孤立していると思うんです。周りに理解してもらえないイライラを、些細なことで爆発させてしまうのかなって…。


私の職場にも、いつも不機嫌なおじさんがいたんです。仕事はできる人で、サポートしてもらうことも多かったので、少し大げさにお礼を伝えるようにしてみたんですよ。


そしたら、周りの人から『あの人、あなたにだけは結構優しいよ』と言ってもらえるまでになったんです! 自分は敵ではないと知ってもらうことで、壁がなくなるんですかね。


野生の動物との交流みたいだな~と思って、最近は会話を楽しんでます(笑)」(20代・女性)

あまりにも理不尽なことで怒鳴られるのなら、周囲や自分が気がついていなくても、パワハラが行われている可能性もあります。

自分だけで対処しようとせずに、信頼できる別の上司や相談窓口に話してみるなど、人の手を借りることも検討してみてくださいね。

・合わせて読みたい→「もう爆発したくない!」 自制心を育てる方法

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事