「謝る」ことはメリットいっぱい!? 喧嘩をして先に折れる人が好かれる理由

周囲とトラブルになったとき、自分から素直に謝れますか? 

女同士のケンカ
(Weedezign/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

誰かと喧嘩をしたときに、先に謝りますか? それとも、相手が謝ってくるまで待ちますか?

その選択で、周囲からの自分への印象が大きく変わるかもしれません。先に謝れる人が周囲に好かれる理由を、fumumu取材班が聞いてきました。


①さらに親睦が深まる

「友達と喧嘩してしまったとき、自分からはなかなか謝れなくて…。そんなとき、友達から『意地になってごめんね、怒ってる?』と先に連絡が来たんです。


意地を張っていたと認めて、素直に謝れるなんて、すごく大人な子だなと思いました。その子のおかげで、自分の子どもっぽさも自覚できたし…。


見習うことがたくさんあるなと思って、ますますその子のことが好きになりました」(20代・女性)


関連記事:人間関係のギクシャク、どう解決する? 仲直りする3つのコツ

②器が広い人に見える

「自分に非があると認めて、相手に謝罪ができる人は、人間として周りから信用されると思います。失敗をしない人はいないから、失敗したときにどう行動できるかが大切ですよね。


なにか揉め事が起きたとき、片方が100%悪いということも少ないと思うので…。自分に少しでも非があるなら、さっさと謝ったほうが自分にとって得だと思いますよ。


器が広い人に見えるし、謝れる人なんだなと株も上がる気がします」(20代・女性)


③人の気持ちを考えられる

「相手を不快な気持ちにさせてしまったと思って、素直に謝れる人は周りからも好かれますよね。周囲の気持ちを考えられる人だと、謝ることで周りに示せるんだと思います。


自分の非を認めずに意地になる人は、自分勝手な人だなと思ってしまいます。相手からの謝罪がないと、絶対に自分からは話しかけない人っているじゃないですか。


正直、面倒な人だな~と思ってしまいます。自分が揉め事に巻き込まれるのも嫌なので、そういう人とは関わりたくないですね」(20代・女性)

素直に謝れないのなら、LINEで伝える、手紙を書く、場合によっては人づてに伝えてもらうなど、方法を試行錯誤してみるのもアリかもしれません。

意固地にならずに、謝れる関係性があるうちに、相手に気持ちを伝えてみてくださいね。

・合わせて読みたい→「私ばっかり大変じゃん…」人の甘さが許せずに、自分が疲れてしまう。対処法はある?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事