新型コロナの隔離施設で一目惚れ 看護師に「また会いたい」

新型コロナウイルスに感染した男性が、ある看護師を探しています。

夕日と男性
(Chalabala/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が日々拡大していく中国。日本も他人事ではありませんが、そんな大変な状況の中、心温まるニュースが現地メディアで報道されました。


■隔離の現場で…

現在24歳の男性・劉猛さんは武漢の「武昌洪山体育館」に開設された緊急診療所で12日の隔離及び治療を受けたあと、無事に退院。しかし、退院してからずっと「ある人物」を探していると訴えます。

その相手は、なんと江西省から援助に来たとある看護師。彼は「僕は彼女に生きる希望を貰った」と話しているのです。


関連記事:トム・ハンクス「良いニュースと悪いニュース」発言にファン冷や汗 愛のメッセージも

■入院できず隔離施設に

1月下旬に家族と共に体調不良に陥った劉猛さんは、病院に出向こうとしたものの「どこもパンクしていて、何時間並んでも入り口にたどり着けなかった。人生で初めて夜中の3時から列に並んだけど、10時間たった後に言われた言葉は『ベッドがないので入院できません』でした」という凄惨な経験をした様子。

咳が止まらないため、医者には常に一定の距離をとられることが「絶望的だった」と振り返りました。

その後、国が開設した隔離施設に彼は送られます。

次ページ ■忍び寄る死の最中に

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事