吉川ひなの、日々の出来事を明かす 「スカートだって脱がされ…」

吉川ひなのさんが、愛息のイヤイヤ期に言及しました。

吉川ひなの

19日、モデルでタレントの吉川ひなのさんは、愛息の愛が激しめであると、ラブラブ動画をアップしていました。

しかし、現在はすでにイヤイヤ期に突入している模様。振り回されている様子をインスタで綴っています。


■「娘よ。あなたはなんて…」

24日、インスタグラムで愛息の”イヤイヤ期”について綴った吉川ひなのさん。2012年に誕生した愛娘のイヤイヤ期は2~3歳の時だったそうですが、愛息と比べると100万倍落ち着いていた様子。

当時、哀れむような目を向けられながら、「terrible twos(イヤイヤ期)は必ず終わりが来るから、、」と背中をさすられていた」と話しつつ、自分は「これが世の中てきにはそんなに大変なんだ?」と思ってしまったことを明かしました。

しかし、一連の経験から余裕だと思っていたものの、最近の愛息のイヤイヤ具合は凄まじいようで「こーのーこーとーかーーー」と実感。「ああ、娘よ。あなたはなんて楽だったんだ」と、今になって周囲に言われた言葉を噛み締めている様子。


関連記事:吉川ひなの、息子とのプライベート動画を公開 「愛激しめ!」

■イヤイヤ期の愛息の様子

可愛さも愛情も変わらないものの、愛息に翻弄されている吉川さん。携帯でメールの返信を打っていると、指を出してきて文章をめちゃくちゃにされるそう。最近は慣れてきたようですが、あらゆるドアをインロックされたり、顔や体を引っ掻かれたり、大事なものほど壊されたり…。

さらには、吉川さんの服は泥んこや食べ物がつきまくった口の周り・顔を拭くためのものにされたり、「公衆の面前でスカートだって脱がされる」とのことで…とても大変な様子です。

吉川さんは「すごいやすごいやーー!すごさは日々増してってまーす!」と、思わず心の叫びを綴っています。


■「知れてよかった!」

しかし、こんな日常に対しても、吉川さんはとても前向き。「みんなの言ってたこともよくわかったし、そして娘に対してもさらに理解が深まったし、そして毎日イラつかない、許す、受け入れる、切り替えるという、それができればだいたい平和で幸せでいられるような大事な部分の修行をさせていただいてる気分」と綴りました。

手に負えないときも、ご主人が助けてくれるから頑張れる様子。どうやら、愛息は“パパ”にはなぜか多少気遣うそうで…。「まあ、そこも含めて有り難いです」と締めくくりました。

夫婦で支え合うからこそ、イヤイヤ期も前向きに捉えていくことができるのかも知れませんね。大変だと思いますが、乗り越えていけますように…。

・合わせて読みたい→はあちゅう氏、愛息とカニの2ショット披露 同じサイズ感に反響

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事