家事の手伝いをしただけなのに… 少女が凄惨な経験を告白

異性から性被害を受けた少女、犯人はなんと親族。

悲しむ女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性の地位がまだまだ低いインドで、悲しい事件が起こりました。

好意で家事を手伝っていた少女が、血縁者に犯されてしまったことをインドの英字新聞が報じています。


■家事を手伝っていたにもかかわらず…

事件が発生したのは、インドの首都・デリーから30km程離れた場所に位置するグルガオンという土地。

15歳の少女が体調の悪い叔母のために家事を手伝っていたところ、親族に犯されたと訴えています。

力づくで押さえつけ、ベッドに縛るという残虐な行為を働いたのは、なんと彼女の従兄。年はわずか16歳だったと言います。


関連記事:お見合い結婚したが元カレを忘れられず… 夫は「3人で暮らそう」と驚きの提案

■レイプ後に脅迫

行為が終わった後、犯人は少女を「他の人に言ったら殺してやるからな」と脅迫。しかし、あまりのストレスだったのでしょうか、翌日学校へ行った少女は突然倒れてしまったそうです。

原因を問われた少女は事件の真相を教師に告白。教師は驚きながらも彼女の母親に連絡しました。

続きを読む ■犯人の行く末は…

おすすめ記事

関連キーワード