赤ちゃんを窓の外に投げ捨て 残虐行為を働くも「犯人」は知らん顔

ロシアの女性が起こした残虐な事件に避難の声

■赤ちゃんの容体は…

病院からは、運ばれてきた赤ちゃんは頭を強く打ち重症である上、身体も傷だらけであると声明が出されています。

現在は呼吸器が無いと生命維持が出来ない状態であり、医療チームが必死に治療を続けている最中なのだとか。

事件を担当するロシアの調査団体は、これを「許しがたい犯罪」と、強く非難しています。


関連記事:空から降ってきたリンゴが命中 赤ちゃんがこん睡状態に…

■犯人のその後

子を投げ捨てた母親は、そのまま殺人未遂で逮捕。警察の取り調べでは「自分のやったことに驚いている」「こんなことを自分が起こすなんて考えもしなかった」と供述しました。

彼女は夫と別居状態でしたが、家族は既に生まれてくる子供を育てる準備をしていたようで、「誰にも頼れない」という環境ではなかったことが判明しています。

なお、取り調べ中も赤ちゃんのことは気にもとめず、自身の刑期ばかり気にしていたとのことです。一体、何が彼女をそうさせてしまったのでしょうか…。

・合わせて読みたい→パンサー尾形・妻、子育ての苦悩を吐露 「この子と一緒にいる時のストレス…」

(文/fumumu編集部・AKO
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事