旅行から帰宅したら背中に顔のようなものが…  「ある行為」が原因だった

楽しい韓国旅行のはずが…心霊写真が取れてしまった女性が話題。

■何かにとり憑かれた原因とは

何故このような事が起こったのか…彼女はこう語ります。「韓国に到着した日の夜、東大門の夜景を見に行きました。途中、アーチ状の門が二つ並んでいたので、そこで写真を撮ったんです」。当時、購入した韓国式の小さな机を持っていたそうで、机も一緒に写真に収めてもらった様子。

そして「写真を撮り終えて机をしまおうとした瞬間、金具に手を挟まれ血が止まらなくなったんです。すぐに薬局を探して止血しました。もしかしたら、机を取り出したことによって『何か』がお供えものをしてくれると勘違いしたのでしょうか」と振り返りました。

彼女は、無意識の中で怪異を呼び出す儀式を中途半端にしてしまったのかもしれません。アジア諸国ではこの様な禁忌が沢山存在しているのですが、さすがに他国のものまでは把握しきれないことから生まれた悲劇なのでしょう。


関連記事:同じ顔の角度の写真を載せると嫌われる!? 嫌われないSNS投稿とは…

■撮影場所がよくなかった

この投稿が証拠写真と共にアップされると、ネット民からは「本当に顔がある…」「弟さんに忠告されてよかったね」「こういうの信じないって人もいるけど、お祓いは行っておいて損はないから…」といった声が集まりました。

中には、「机を置いて撮影した場所は、東大門を建てる時に遺跡があったとされる場所だ」と指摘、「何か禁忌に触れてしまったのかも」と解説する人も現れました。

オカルトは信じない! という方もいるかもしれませんが、旅行の際はその国の歴史をある程度学んだ方がよいのかもしれません。

・合わせて読みたい→ピース綾部、話題のロケ地でなりきりポーズに反響 「うらやましい!」

(文/fumumu編集部・AKO

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事