日比谷公園近くにレトロでかわいい屋台がオープン! 美味しいお店が集結

10店舗のお店が集結した『⽇ゞ⼩路(ひびこうじ)』がグランドオープン! fumumu編集部でチェックしてきました。

⽇ゞ⼩路

東京・内幸町駅直結の日比谷国際ビルに、屋台がズラリと並ぶ『⽇ゞ⼩路(ひびこうじ)』が、グランドオープン! 気軽にできる「食べ歩き はしご酒」がコンセプト。

fumumu編集部で一足お先にチェックしてきました。


画像をもっと見る

■レトロかわいい空間

到着すると、小さくてかわいいレトロなお店がたくさん! 黄色と白のボンボンがかわいい。

⽇ゞ⼩路

エリアは、お酒が合う肴が楽しめる「下町」と、九州料理や焼酎・地酒を楽しめる「九州」の2つ。10店舗が出店しています。

⽇ゞ⼩路

ほとんどが、東京初出店や、新規開業店なので、ここでマルっと味わえるのは嬉しい!

⽇ゞ⼩路

レトロながらも、おしゃれな感じ!

⽇ゞ⼩路

路地裏をイメージした一角には、1970~80年代の歌謡曲が楽しめるバー『ザ・青春時代』が。雰囲気出てますね〜。店内はさらにディープな雰囲気があるので、ぜひ気軽に入ってみてくださいね。

どのお店も気になるところですが、今回は3店舗で試食をしてきました!


関連記事:惣菜店「日本一」のなんこつ唐揚げ 本当に満足度ナンバーワンかもしれない

■鶏肉がプリップリ!

まずは下町エリアの3番地『地鶏と煮込み 大衆酒場 トリッパ』。450日間飼育した鶏肉を使用しているそう。もう絶対美味しいハズの外観!

⽇ゞ⼩路

おすすめの一品目は、「自家製みそ煮込み」(380円)。価格も、サイズも一人で食べるのにちょうどいい感じ。

⽇ゞ⼩路

もつが大きい〜! プリップリの弾力に、濃すぎない味噌味。これはお酒がすすみますね…。

⽇ゞ⼩路

2品目は「さつま知覧どり ももタタキ」(380円)。こちらも見るからに美味しそう。

⽇ゞ⼩路

鶏肉の弾力がすごくて、素材の味がしっかり感じ取れます。タレも濃すぎずで、ペロっと食べてしまいました。

続きを読む ■4種のお肉を使ったつくね

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

この記事の画像(19枚)

おすすめ記事