「グイグイいきすぎた…?」 友達作りでの失敗体験を聞いてきた

相手と仲よくなりたいからと、自分勝手にグイグイいきすぎるのは危険かもしれません。

女性の会話
(Bojan89/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「この子と仲よくなりたい!」と思っても、いきなりガンガン距離を縮めるのは逆効果かもしれません。

fumumu取材班が、友達作りの失敗談を経験者に聞いてきました。


①輪を乱してしまった

「学生時代、ひとりの子と仲よくなりたい気持ちが先走りすぎたことがありました。その子と話したいからと、グループで遊んでいるのにひとりにだけ話しかけてしまったんですよね。


当然、周りはいい気がしないじゃないですか。後々、『あのときの態度やばかったよね』と言われてしまいました。本人も、私の自分勝手な行動に迷惑していたと思います。


周りの輪を乱して個人にグイグイいくのは、避けたほうがいいんだなと思いました…。恥ずかしい過去ですね」(20代・女性)


関連記事:友達に依存してない? 相手がドン引きするやりすぎ行動

②怒涛の「遊ぼう」連絡

「相手の都合を考えずに、遊んで遊んで! と連絡をするのは避けたほうがいいと思います。


私もやってしまったんですけど、自分が会いたいからと一方的に遊ぼうとするのは、相手との距離が離れるだけでした。誘い続けていた時期が、相手にとって仕事が本当に忙しいときだったみたいなんですよね。


何度か言われていたのに、『そろそろ遊んでよ~』としつこくしてしまったんです。結局縁が切れてしまったけど、きっと私が原因なんだろうと思います…」(20代・女性)


③最初から親友のテンション

「この子気が合いそう! と思った子に、最初から親友のテンションで接してしまって、壁を作られてしまったことがありました。


親しくなるまでは本音を言えない人もいるでしょうから、もっと相手のノリを見極めるべきでした。相手が、自分と仲よくなりたいと思っているかもわからないですよね。


無理に距離を縮めようとしなくても、相性がよければ、自然と仲よくなっていくものだと思います」(20代・女性)

相手が自分と近づきたいと思っているのかは、なかなか判断しにくいものです。

ひとつ押したら、ひとつ相手からの反応を待つなど、一方通行にならないように意識していきたいですね。

・合わせて読みたい→自分に好意のある男子がしたドン引きアプローチ3選

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事