実は…セカンドにされていた? 発覚した瞬間のエピソード

セカンドと本命は何が違う? 発覚した場面を聞いてみました。

驚く女性
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どうしても好きな人と一緒にいたくて「セカンドでいい」と言ってしまう人はいますが、自分は何も言っていないのにセカンドにされてしまう悲しい恋愛をする人も少なくありません。

そこで、fumumu取材班は、セカンドが発覚した瞬間を聞いてみました。


①体目当てとヒモ扱いを指摘される

夢中になっていると、受けるショックは計り知れないものですが…

「私が過去、苦い経験をしたことは合わせて3つ。いつも、彼のおうちデート・ラブホで低い扱いを受けたこと。加えて、気づいたのは食事だと会計時に財布を忘れたという発言をしたところ。


そのとき、家デートやホテル、飲食店で結局は私はカラダ目当てとヒモ扱いでしかなかったとわかったわけです。正式には、恋は盲目なので自分では現実を直視したくなくて、親友から指摘してもらってリアルに戻れたんですけどね。


警告をしてくれる人は大切にしなきゃと感じたものです」(20代・女性)


関連記事:実はセカンドにされてた? 本命じゃないことの見極め方法

②携帯の連絡で妻子持ちが発覚

彼とは仲が良く、結婚の話までしていた女子。しかし、彼の携帯の連絡で自分がセカンドであることが発覚したそうです。

「彼とは2年付き合っており、そろそろ結婚したいねと話していました。仕事が忙しい彼とはなかなか会うことができませんでしたが、それなりに仲良くやっていました。


しかしある日、彼の携帯の連絡する場面に遭遇し、彼が妻子持ちであることが発覚。その後は問い詰めて修羅場になりました。私のこの2年間を返せと本気で大喧嘩。慰謝料を請求する事態になりました」(20代・女性)


③彼の浮気が発覚した時に…

彼の浮気が発覚して、こっちが怒っているのに、なぜか話は違う方向に展開していったんだとか。

「彼の浮気が発覚し、怒りました。けれど話し合っていくうちに、実はわたしが浮気相手でセカンドだったとわかりました。別の女性に対して真剣で、本当に愛しているのはその人だと彼の口から告げられたのです。


浮気を責めていたはずなのにいつのまにか別れを告げられるという謎の展開でした。もうそれ以上なんともできませんでした」(20代・女性)


本命がいるからこそ、本命のように優しく扱う男性は少なそうですね。

・合わせて読みたい→報われないのになんで? セカンド女子になってしまう人の理由や心理

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事