好きの形は人それぞれ 「友達として」ではなくなく…どこからが恋?

異性としての好きと、友達としての好きはどこが違う?

悩む女性
(stock-eye/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋愛における「好き」の定義は十人十色。恋バナで「彼のどこを好きになったの?」と聞いても、様々な答えが返ってきますよね。

fumumu取材班では、改めて、友達としての好きと恋の違いを聞いてみました。


①本能が動くことが真実の愛

最もわかりやすいのはいつも身近にあるツールだそうです。

「もちろん人って十人十色なので、好きの基本形こそそれぞれ違います。ですが、コレは恋だと判別しやすいのは『LINE』が最もわかりやすいです。


例えば、丸一日連絡がなかったとして、寂しさを感じなければ、友達としての好感度があるというだけ。逆に、一日足りとも連絡がない、夜に一回もメッセージが来ないことで孤独感を感じたなら、それはもう立派な恋だといえるでしょう」(20代・男性)


関連記事:カミングアウトした時に…「好きにならないでね」にモヤモヤする理由

②嫌な部分を許せるか

恋かどうか迷ったときは、この人が困ったときや嫌いな部分が見えた時に、自分がどうしたいかどうかで見極めることができるそうです。

「仲の良い男子のことを友達として好きなのか、恋愛対象として好きなのか迷っていました。先輩に相談すると『その人が困った時に助けたいか、その人の嫌いな部分が見えた時に許せるかどうかが大切』と言われました。


考えた結果…助けてあげたいし許せるので、この男子のことが恋愛対象として好きだなと感じました」(20代・女性)


③キスやエッチがしたいかどうか

友達として好きな人というのは同性の友達に対する感覚と似ているのだとか。では、恋愛として好きな人にはどんな感情を抱くのでしょう。

「友達と恋、好きの違いはやっぱり相手とキスしたいと思ったり相手にもっと触れたいと思ったりするかどうか、だと思います。友達として好きな異性と一緒にいる時間はすごく楽しいですが、キスしたりその先に進みたいとは全く思いません。男友達と似た感覚です。


でも恋愛として好きな異性とは、お互いのことをそんなに知らないうちからキスやエッチの妄想をしてしまいます」(20代・男性)


本能的に強く相手を求めていると、「恋だ」と認識する人が多そうですね。

・合わせて読みたい→彼のことは友達として好き…告白されたらつきあってもいい?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事