買い物中にブラホックが外れて…当たってしまった嫌な予感とは

嫌な予感がしたときには、胸の辺りがざわつく感じがします。そんなときに、悪い出来事が起きたならば…。

驚く女性
(igor_kell/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

嫌な予感を感じたときには、人は警戒するでしょう。そんなときに想定外のことが起きた場合には、「やはりあの予感は当たっていたんだ」と思うはずです。


■「嫌な予感はだいたい当たる」半数近く

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、嫌な予感はだいたい当たるか、調査を実施しました。

な予感はだいたい当たるグラフ

「だいたい当たる」と答えた人は、全体で48.8%でした。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっています。

な予感はだいたい当たる性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、当たってしまった嫌な予感について話を聞きました。


関連記事:「これ、両想いかも…」 付き合える予感がする瞬間

①彼氏が別れ話をしてきた

「彼氏と会う前に、なんとなく嫌な予感がしていたんです。彼氏の態度がおかしいとか変な部分はなかったのですが、女性の勘のようなものが働いたのでしょう。


待ち合わせ場所にいた彼氏はいつもと同じような態度でしたが、私の嫌な気持ちはさらに増すばかりで…。二人きりになって彼氏に別れ話をされたとき、「嫌な予感が当たった」と思いました。


彼氏の気持ちを、心のどこかで察していたのでしょうね」(20代・女性)

次ページ ②ブラのホックが外れた

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事