「ラベージュ」って知ってる? 美容師がヘアカラーのトレンドを紹介

2020年初めに流行っているのはラベージュ。ラベンダーとベージュの合わせ技でおしゃれな髪色に♪

2020年が明け、気づけば2月ももうすぐ終わりますね…。去年も美容業界ではたくさんのカラーが流行りました。

空前のグレージュカラーブームや(シルバー系)ベージュカラーなどOO―ジュという言葉ができるほどでした。

2020年はどんなカラーが流行るのか、流行っているのかを現場目線で感じたことをお話していきます。新年度を目前にイメチェンを考えている方も参考にしてみてくださいね。


■トレンドカラーは「ラベージュ」

今年も健在! ベージュメインのカラー。まず「ラベージュ」とはどんな色なのでしょうか? ラベンダー+ベージュの略称です。

ラベンダーとは紫、パープル、バイオレット系の色です。ベージュは艶、透明感を合わせたブラウンベースのカラー。

ラベンダーとベージュが混ざり「ラベージュ」ができます。


関連記事:豊富なバリエーション! 今年の秋はベージュカラーで決まり

■発色の仕方

言葉で表すのであれば、透明感と深みがある上品なカラーです。

ラベンダーには彩度の高い青みがあり、ベージュには透明感があります。2つを合わせることで今までに無い独特なカラーが出来上がります。


■こんな方にオススメ

このラベージュはダークトーン、ハイトーンに関わらずどんな方にも挑戦しやすいカラー。オフィスワークなどの日常生活においても対応が可能です。

暖色カラーをメインにやってきた方、寒色カラーをやってきた方にもオススメです。

暖色に少しだけ寒色を足す、寒色に少しだけ暖色を足すことでいつもと少し違った感じを演出できます。


■実際のスタイル


実際にカラーリングをすると、このような色合いになります。柔らかく再現できるのでストレートスタイルよりもカールスタイルの方がオススメ。

スタイリング剤もウェット、マットという極端な仕上げよりも中間のオイルを使用すると、いい仕上がりになります。

ぜひ2020年最初のトレンドカラーに挑戦してみて下さい。自分の今のカラーとの兼ね合いや、美容師さんの薬の調合により新鮮なカラーとなります。自分だけのオリジナルカラーを楽しんでみて下さい。

・合わせて読みたい→どれくらい知ってる? 2019ヘアトレンドキーワードを振り返る

(文/fumumu編集部・横瀬 卓

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事