マンション内の様々なクレームに驚き 「騒音、夫婦喧嘩、自殺…なんでもあり」

マンションのクレーム処理をしたら…まさかの出来事に驚き。

酔う男性
(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

台湾で活躍するタレントのポールさんが現地のトーク番組『震震有詞』にて、マンションの管理についての苦労を語りました。


■騒音クレームが警察沙汰に

ポールさんはマンションを購入後、住居する上での悩みやゴミ出しなどのルールを告知する「管理委員会」に就任。基本的な会議や業務以外にも、カップルの喧嘩仲裁、隣人の自殺など「想像以上に事件が多い」と愚痴をこぼしました。

中でも彼が一番驚いたと振り返ったのは、なんと騒音のクレーム。ただの騒音ならまだ良いのですが、この事件は警察沙汰になったそうです。


関連記事:信じられない対応にドン引き…引っ越し業者の「ありえない落とし穴」

■真面目そうな青年の部屋なのに

ある日、「〇〇号室の人がうるさい」とクレームを食らったポールさんは、まずその部屋に誰が住んでいたかを確認、保険会社に勤める真面目そうな青年であったと話します。

「見た感じ真面目で礼儀正しいのに…」と疑問に思いつつも、ひとまず注意をしに向かうしかありません。「ごめんくださーい」そう呼び鈴を押したポールさんの目に飛び込んできたのは、とんでもない光景でした。

次ページ ■騒音部屋の中にいたのは…?

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事