「声が大きいんだよ…」 飲食店スタッフがイライラしている客の特徴3つ

飲食店スタッフがイライラする「嫌われやすい客」。自分に当てはまる部分がないか、チェックしてみるのもおすすめです。

イラつく女性
(AaronAmat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日々たくさんのお客さんと接する、飲食店スタッフ。お客さんの中には、スタッフ側がイライラする「嫌われる客」もいるようで…。

fumumu取材班が、飲食店スタッフに嫌われやすい客の特徴を聞いてきました。


①話し声が大きすぎる

「居酒屋でアルバイトをしているんですけど、お酒が入ったお客さんが大声で騒ぐのはイライラします。


楽しく話しているレベルならまったく問題ないですが、他のお客さんに迷惑がかかるくらいに声を張り上げるのはやめてほしいです…。酔っぱらっているので、店員が注意しても聞いてくれないことが多いんですよね。


注意するこちらも疲れるので、周りが見えなくなるくらいに騒いでしまうなら、どこか隔離された空間で勝手に遊んでいてほしいです」(20代・女性)


関連記事:接客業は苦労がいっぱい!? スタッフが漏らす「困った客」の特徴

②店員への態度が横柄

「店員への程度が横柄な人って、一定の数いるんですよね。こちらも人間なので、態度が悪い人にはサービスをしたくなくなります。


お金を払っているからって、理不尽な態度を取っていいと思っているんですかね? お金をもらう代わりに、こちらは食べ物とサービスを提供しているので、立場は対等な気がします。


『お客様は神様だろ!』を体現しているお客が来ると、さっさと帰って二度と来るな! と思ってしまいます」(20代・男性)


③勝手に入店して座る

「意外とやる方が多いんですが、入店して勝手にスーッと席に座られるのは困ってしまいます。人数に合わせて、適した席にご案内しなければいけないので。


どこでもいい場合でも、スタッフが『空いているお好きな席にどうぞ』と声をかけますよね。スタッフが入店に気がつかないなら、そちらから声をかけてくれればいいんじゃないの…? と思ってしまいます。


ひとりで入店して大人数用の席を確保されてしまうと、その後に団体客が来たときに席が足りずに慌てることもあるので、やめてほしいです」(20代・女性)

気持ちのいいサービスを受けたいのなら、まずはこちらが気持ちのいいお客さんになる必要があるのかもしれません。

完璧な接客を求める前に、自分の立ち振る舞いを見直してみるのもよさそうですね。

・合わせて読みたい→バイト先のお客さんに惚れられて…ナンパか本気か見分ける方法

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事