SNSにコメントしたら「マウンティング!」と公開処刑された経験3つ

SNSは、楽しいことばかりではありません。実際に公開処刑されたという人に、詳しい話を聞きました。

驚く女性
(Jun/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

SNSでリアルな友人以外にも相互フォローし、コメントや「いいね!」をし合っている人は多いでしょう。しかし、顔が見えない相手とのコミュニケーションは、誤解を生む可能性があるのだそう。

中には、良かれと思ってコメントしたにも関わらず「マウンティングされた!」と公開処刑されたという人も…。

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。


①フラれて落ち込んでいたから…

「『そんな男、●●ちゃんにはもったいないよ!』『こっちから願い下げでしょ!』とコメントでフォローしたつもりだったのですが…『私のことも彼のこともよく知らないくせに、分かったような口きかないで!』と、逆ギレされました。


しかも、『いい女アピールかよ!』『マウンティングこわー』と、SNS上で公開処刑されて…。そのコメントに対し同調した赤の他人からも『いいね!』や誹謗中傷されて怖くなり、アカウント削除まで追い込まれました」(20代・女性)


関連記事:「顔も見たくない…」 職場のマウンティング女子と上手くやっていくにはどうしたらいい?

②疲れて惣菜食べて凹んでたから…

「『惣菜ばかり食べてると栄養が偏ってもっと疲れちゃうかも』『マクロビオティックで野菜中心の食生活にすれば体が楽になるよ』と、良かれと思ってアドバイスしたつもりだったのですが…。


『マクロビ至上主義女子からマウンティングされました』と私とのやりとりを別アカで晒し、『私の気持ち、分かってくれますよね?』と、『いいね!』で承認を求める様を目の当たりにし、愕然としました」(20代・女性)


③職場のイジメを投稿してたから…

「『本当に困ってるなら投稿するよりも直談判すべき』『相手がいないところで影口たたいてたら同類になっちゃうよ』と、本人のためを思って叱咤激励のコメントをしました。


ところが、『何様のつもり!?』と怒りのコメントを返された上に、『人のことを見下してマウンティングするとか最低!』と、公開処刑されて…。


弁解しようにも一方的にブロックされてしまい、SNSの怖さを実感しました」(20代・女性)


SNSで公開処刑されたことをきっかけに炎上し、精神的に追い込まれてしまったという人も。

いくらSNS上で仲良くしているといっても、顔が見えない相手とのコミュニケーションは慎重に行った方が良さそうです。

・合わせて読みたい→匂わせのつもり? 同性から嫌われる「インスタのマウント投稿」

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事