「動きたいとは思ってるのに…」 フットワークを軽くする簡単テクニック

「動きたいけど、動けない」どうすればフットワーク軽く行動することができるのでしょうか?

部屋
(petrunjela/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

動きたいとは思っているけど、どうにも体が動かない…。

ダラダラ生活も楽しいものですが、たまにはフットワークを軽くして、外に飛び出してみませんか? 重い腰を上げるには、ちょっとしたコツがいるようですよ。

fumumu取材班が、フットワークを軽くする簡単テクニックを聞いてきました。


①とりあえず予約

「なにも予定がないと、どうしてもダラダラしてしまうので…。なにか興味があるものがあったときは、とりあえず予約をしてみるべきだと思います!


予約をすることで、あぁ行かなきゃ~と思って体が動くんですよね。行ってみたら楽しいことも多いので、趣味の場も広がりますよ。腰が重い自覚があるなら、行けたら行こうの考え方はやめたほうがいいと思います。


私もそのタイプですけど、絶対に行かないので(笑)お尻を叩く理由を作っておくと、スムーズに行動できますよ」(20代・女性)


関連記事:この投稿にこんな意味が? SNSの使い方に現れる男性の性格と心理

②調べず動いてみる

「なにか興味を持ったことがあるなら、調べずにとりあえず動いてみるのをおすすめします。フットワークが重い人って、調べるだけ調べて、それで満足してしまうことが多いんですよね。


知識を付けても、やってみないとわからないことは山ほどあります。あえてノープランでチャレンジすることで、意外な発見もあるかもしれないですよ。


未経験のところに飛び込むことに慣れたら、自然とフットワークも軽くなっていくと思います」(20代・男性)


③人を巻き込む

「私はひとりだとなかなか行動できないので、動きたいときは人を巻き込みます。行きたい場所があるなら、計画が立っていない段階で『ここ行こうよ~』と友達を誘ってしまうんです。


言い出してしまった手前、自分から動かなきゃいけないと思えるんですよね。友達を誘ったことが、自分にとっていいプレッシャーになるんだと思います。


誰かと一緒にやることで、知らない場所でもあまり緊張せずに楽しむことができますよ」(20代・女性)

自分から動くことで、見たこともない世界や、刺激的な人たちとの出会いも広がります。

ゆるゆる過ごす時間に飽きたら、思い切って腰を上げて、第一歩を踏み出してみてくださいね。

・合わせて読みたい→デートはするのに告白してくれない…気になる男子への対策は?

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事