「いきなり止まらないで!」 電車マナーで許せない行為3つ

たくさんの人が使う電車。中には、迷惑な行為をしている人もいるようで…。

駅にいる女性
(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

日々、たくさんの人が利用する電車。公共の乗り物だからこそ、様々な人がいるようで…。

利用者の中には、周囲をイラッとさせる迷惑行為をする人もいるようです。fumumu取材班が、許せない電車での行動を聞いてきました。


①改札の前で止まる

「改札の前に来てから、定期を探し始める人は本当にイラッとします…。そろそろ改札だとわかるのに、どうして事前に用意しておかないんでしょうか。


朝の通勤ラッシュのときにやられると、後ろがその人のせいで詰まるんですよね。なかなか見つからないのか、渋滞を起こしたままバッグの中を探し続ける人もいるし…。


すぐに見つからないなら、一旦列から抜けて後ろの人を通してほしいです」(20代・女性)


関連記事:見ててヒヤヒヤ…公共の場でイチャつくドン引きカップル3選

②いきなり方向転換

「駅のホームで、いきなり方向転換する人は嫌ですね。そういう人って、こちらとぶつかりそうになっても、なぜか自分が迷惑そうな顔をするんですよ。


いやいや、突然進路を変えたのはそっちじゃん! とイライラしてしまいます。都心の駅は混み合いますから、いきなり進路を変える前に、ちゃんと周りを見渡してほしいです。


狭いホームでそれをやられてしまうと、線路に落ちそうになって本当に危険なので…。ちょっとは気を使ってほしいなと思います」(20代・女性)


③エスカレーターを通せんぼ

「エスカレーターを降りたところで立ち止まった人がいて、すごくびっくりしました。その人のすぐ後ろに立っていたので、足がもつれて転びそうになってしまって…。


エスカレーターは動き続けているので、めちゃくちゃ危険なんですよね。すぐにどいてくれたので、ぶつからずにすみましたけど…。


自分の後ろで事故が起きそうになっていたことに、まったく気づいていない様子で。すごくイライラしました」(20代・女性)

こちらの迷惑を考えずに、危険な行為をする乗客もいるようです。こちらが歩きスマホなどでよそ見をしていると、お互いに事故を引き起こしてしまう可能性も…。

自衛のためにも、周りをよく見ながら電車を利用したほうが安心ですね。

・合わせて読みたい→「意地でも座りたいんじゃ!」 電車で席を立つ人を見極める方法

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事