「アンタに話したくないんだよ!」 プライベートを聞きたがる人の撃退法

こちらが嫌がっているのも気づかずに、質問責めをしてくる人…。どう対処すればいいのでしょうか?

イラつく女性
(sakkmesterke/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

こちらは話す気がないのに、プライベートなことを根掘り葉掘り聞いてくる人…。どうすれば上手に流すことができるのでしょうか?

好奇心で深いところまで聞かれても、素直に話せる人ばかりではありませんよね。プライベートを聞きたがる人の撃退法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①忘れたふり

「会社に、恋愛のことを根掘り葉掘り聞いてくる先輩がいるんですけど…。面倒になったときは、すべて忘れたふりで乗り切ってます(笑)


元カレのことを聞かれても、『昔のことなんで覚えてないです~』と流しちゃうんです。『たいしたことじゃないんで…』のような、含みを持たせた返答をしてしまうと、質問は永遠に終わらないと思いますよ。


忘れたことは話したくても話せないので、相手も釈然としないながらも諦めてくれます」(20代・女性)


関連記事:会話で好印象を与える方法はあるの? いい印象を持ってもらう会話術

②質問で返す

「答えたくないことを聞かれたときは、そのまま相手に質問を返します。『〇〇さんはどうなんですか? 気になります!』って、相手の会話にしてしまうんです。


ガンガン質問をしてくる人って、自分もおしゃべり好きな人が多いんですよ。同じように質問をしてあげれば、楽しそうに話してくれることが多いですよ。


話しているうちに、まったく別の話題に流れてくれる場合もあります。いかに自分の話題から方向転換できるかが、質問を拒否するコツなんじゃないでしょうか」(20代・女性)


③素直に苦手と伝える

「いくら流しても諦めてくれない人には、『自分の話をするの苦手で…』と正直に伝えます。


好奇心でいろいろ聞いてくる人って、相手が迷惑をしていることに気がついていないことも多いんですよね。嫌がっていると暗に伝えることで、話を変えてくれる人がほとんどです。


口に出して伝えることで、周りの人が『聞きすぎ、ちょっと落ち着いて』と止めてくれることもありますよ」(20代・女性)

恋愛話や、家庭の話など、立ち入ってほしくない領域は人それぞれ違います。

土足で踏み荒らして相手を傷つけないように、自分も意識していきたいですね。

・合わせて読みたい→「愛嬌がある人」に憧れる! 愛されキャラの特徴3つ

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事