「太った?」「彼氏作んないの?」 デリカシーゼロの発言への対処法とは

デリカシーのない発言をしてくる一部の人たちに、どう対処すればいいのでしょうか?

苦痛
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「最近太った?」「そろそろ彼氏作んないの?」 プライベートにずかずかと入り込んで、デリカシーのない発言をぶち込んでくる人たち。どうにか黙らせる方法はないのでしょうか?

fumumu取材班が、デリカシーゼロの発言への対処法を聞いてきました。


①「普通にセクハラ」

「会社の同期や友達に言われたら、『普通にセクハラ、やめて』と正直に伝えます。親しい関係の人って、自分が言っていることがセクハラになるとは考えもしないんですよね。


その言葉で相手が傷つくとわからないから、何度も繰り返してしまうんだと思います。嫌な気持ちになっていることを素直に伝えれば、相手も言動に注意してくれますよ。


そこで『セクハラって(笑)』と茶化してくるようなら、ただのゲスだったんだと知れてよかったじゃないですか。その後関わらないように気をつけられますからね」(20代・女性)


関連記事:星野源、バレンタインチョコをもらった反応が話題 今、投稿したワケは…

②「あぁ、そちらも…」

「言われたことを、相手にそれとなく返すのは効果抜群ですよ。『太った?』と体型のことを笑われたら、こっちも『あぁ、そちらも…』とチラッと相手の体を見るんです。


デリカシーがない発言をする人は、自分が言われるとは思ってもいないんですよね。だから、自分が値踏みされるように見られると、気まずくなるのか早々に退散してくれるんです。


直接言葉に出していないから、こちらもあまり罪悪感もないし(笑)。簡単にできておすすめですよ」(20代・女性)


③「おかまいなく~」

「会社のおじさんたちって、『彼氏できたか?』『そろそろ結婚しないとなぁ』と、炎上レベルの発言をする人も多いんですよ。


できればボロクソに言ってやりたいけど、相手をすることで自分の体力も奪われますから。会話を続けずに、『はいはい、おかまいなく~』と流すのが一番楽です。


おじさんたちって、女の人にちょっかいを出したいだけの人も多いんですよね。感情的になってやり返すと、逆に喜ばせてしまうこともあるので…。


話す気がないと相手に伝わることが、おじさんたちにとって一番ショックだと思いますよ」(20代・女性)

自分のことをなにも知らない人からの言葉で、いちいち傷つくのも悔しいですよね。

うっとうしい雑音はさっさと流して、自分の生活を優先させてくださいね。

・合わせて読みたい→13歳で妊娠、相手は10歳の少年… 医者は「ありえない」と困惑

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事