江頭2:50、動画が大反響の中 悲しいお知らせ 「どうすればいいのか…」

江頭2:50さんが悲しいお知らせをしました。

江頭
(画像は江頭2:50 YouTubeのスクリーンショット)

先日、お笑いタレントの江頭2:50さんがYouTubeを開設。話題になりましたが、6日には悲しい現実を報告しました。


■エガちゃんねるが大反響

2月1日、YouTubeで『エガチャンネル』を開設した、江頭2:50さん。目的は「知名度を世界まで浸透させること」。そのために「BADAAS SAMURAI」という肩書きも用意したことが明かされていました。

数々の伝説を残し、一躍有名になった江頭さんは、海外でも通用するお笑いスタイルをユーチューブで見せることで大反響となり、現在は70万人以上の人がチャンネル登録。1年間で登録者数100万人にすることを目標としていましたが、これならあっという間かも…。


関連記事:草なぎ剛、江頭2:50からのコラボ宣言に返事 「マブダチと思ってない」

■悲しいお知らせ

そんな最高の滑り出しをした『エガチャンネル』。6日、「エガちゃんねる公式ツイッターが 2:50をお知らせします!!」と、安定のネタをツイッターで投稿。

しかし続けて「これまでに配信した3本全てが 広告審査に落ちました」と収益化に失敗したことを報告しました。そして、「どうすればいいのか教えてください」と切実に訴えかけています。


■腹から笑えています

この斜め上の悲報にファンも思わず大爆笑。楽しむ声とともに、解決案が続々と出されています。

「『1本の広告より1回の伝説』と言う名言ありませんでしたけ?? 久しぶりに毎回腹から笑えています!!江頭さん、スタッフさんに感謝!!ありがとうございます


「肌色が多いとAIが自動的に落とすと聞いたことがあるので上半身に墨塗るとか」


「乳首は海水浴とか、格闘家、筋トレ動画とかもあるので、 性的な描写がなければ大丈夫だった気がします! 真似したら危険なコンテンツだと、収益が付かなくて最悪ストライクがつくまであるので、 一本目と二本目は該当してそう…」


広告による収益化は重要な課題。新たな伝説を残したといったところではありますが…。早急に解決することを願うばかりです。

・合わせて読みたい→いきものがかり水野、ツイッターを始めて10年目の「速報」にファン爆笑

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事