「会社辞めよう!」と決意したなら… かしこく転職するためのチェックポイント

転職を決意したなら、確認しておくべきポイントを忘れずに! ないがしろにすると、自分が損をしてしまうかもしれません。

考える女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「よし、会社辞めよう!」と決意したなら、やるべきことが漏れていないか、きっちり確認しておくことをおすすめします。

なにも考えずに辞めてしまうと、自分が損をするかもしれません。fumumu取材班が、転職時にチェックしておきたい大切なポイントを聞いてきました。


①残業手当の請求

「友達は、辞めるときに未払いだった残業代を全額請求してました。トータルで何十万にもなったらしいですよ。


会社と揉めることが嫌だという人もいますけど、そもそも残業代を払わないことは違法です。自分を大切にしてくれない会社に、義理立てする必要はない思いますよ。


残業代が一気に支払われたおかげで、友達は焦ることなく転職活動ができたようです。自分の生活のためにも、きっちり請求するのはかしこい選択だなと思いました」(20代・男性)


関連記事:会社を辞めたらどうなる? 知っておきたいお金事情

②失業手当の確認

「入社してしばらく経ってブラック企業だと気がついたんですけど、すぐに辞めたら失業手当をもらえないと思って、受給資格ができるまで勤務を続けたことはありましたね。


転職活動をする暇もないほど忙しかったんです。辞めてから転職活動を始めるしかなかったので、すぐに決まらなかったときのための保険がほしかったんですよ。


いざとなったら失業手当を申請すれば、これくらいは生活できると計算しておくことで、変に焦らずに転職活動ができました。使える制度は知っておかないと損ですから、事前に調べておくべきだと思いますよ」(20代・女性)


③有給の完全消化

「人手不足の会社だったので、余っている有給を消化するのをためらっていたんです。でも、有給を使うのは自分の権利なので…。


自分の担当の仕事はきっちりこなして、余っている有給を勤務日として後ろにくっ付けてもらったんです。仕事を手付かずで残すわけじゃないから、同期の子たちにも迷惑はかからないし。


有給1日分のお給料は馬鹿にならないので、きっちり全額もらうべきだと思います」(20代・女性)

会社に迷惑がかかるかも…と、自分の権利を諦める必要はありません。

退職後の生活のためにも、確認漏れがないかしっかりチェックしてみてくださいね。

・合わせて読みたい→「仕事辞めたい!」衝動的にやってしまった、後悔したストレス発散方法

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事