「ランチはひとりがいいんです…」 お昼の誘いを断るコツ

貴重なお昼ごはんの時間、どうにか自由に過ごす方法はないのでしょうか?

ランチ
(thomasandreas/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「本当はひとりで食べたいけど、お昼の誘いを断れない…」 そう悩んでいる人も多いようです。貴重なお昼ご飯の時間、ゆったりと自由に楽しみたいですよね。

fumumu取材班が、お昼の誘いを断るコツを聞いてきました。


①「お昼は本が読みたくて…」

「『お昼は本を読みたいんです、まだ途中で…』と何回か断ると、ひとりでお昼を食べるキャラとして扱ってくれますよ。


その場しのぎで断っても、また誘われたときが面倒なんですよね。お昼はいつも本を読む人なんだと思ってくれれば、何度も誘われることもなくなります。


相手と食べることが嫌なんじゃなくて、お昼にやりたいことがあるから断っているとアピールすることが大切だと思います。断ることで角が立って、気まずくなっても面倒ですからね」(20代・女性)


関連記事:「お昼は一人がいいんです…」 会社のランチを上手に断る方法

②「いま見ている動画がいいとこでー!」

「動画サービスに登録しているので、お昼を誰かと食べる気分じゃないときは、いつも『いま見ている動画がいいとこでー!また誘ってくださーい!』と断っています。


たまに誰かと食べたい気分のときもあるので、さらっと相手を傷つけずに断れる理由がほしいんですよね。


動画を見ていることは嘘じゃないので、便利に使える理由です。動画の話で相手と盛り上がることもありますよ」(20代・女性)


③「お弁当で」or「外食で」

「お昼を誘ってくる相手が外食派ならお弁当を用意して、相手がお弁当派なら自分は外食にします。相手とランチの種類を変えることで、一緒に食べないことが当たり前になるので、自然とひとりでお昼に行けるんですよ。


親しい人と食べるランチはいいけど、気を使わなくてはいけない人とのランチって、まったく楽しくないんですよね…。


気楽にお昼を楽しむためにも、相手がお弁当派か外食派が、ちゃんと覚えておくと安心だと思います」(20代・女性)

相手の誘いに困ったような態度を取ると、相手を傷つけてその後の関係が気まずくなる可能性もあります。

いくつか断る理由を用意しておいて、さくっと笑顔でお断りするように意識してみてくださいね。

・合わせて読みたい→「断らない人」になってない? ノーと言う3つのコツ

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事