キンタロー。夫、妊娠中の妻にできる7つの項目に反響 「理想の旦那様」

キンタロー。さんの夫が、妻が妊娠中にできることを話しました。

キンタロー。
(画像はキンタロー。夫 のスクリーンショット)

27日、お笑いタレントのキンタロー。さんの夫が、妊娠中の妻を持つ後輩から「男って何していけばいいですか?」と聞かれたことを報告。

自分も無知だと言いつつも、できることを考え、ブログに綴っています。


■「男って何していけば…」

出産予定が遅れているものの、あと少しで出産予定のキンタロー。さん。その横を支えてきたキンタロー。さんの夫に、後輩から「この度、妻が妊娠しまして…」と報告を受け「男って何していけばいいですか?」と相談を受けたようです。

これについて「…うっ。。…まとめておけばよかった。。…はっきり言って私も無知です」と、ちょっと自信はなさそう。


関連記事:キンタロー。ついに“ちびキン”を出産 「妻の遺伝子を感じます」

■キンタロー。さん夫の実践7つ

続けて「ご批判もあるかと思いますが、今まで頂いたアドバイス、妻の反応から導いた最低でも…ってやつ。。思いつく範囲で。。」と、自身の経験をもとにピックアップしました。


①飲み会の頻度を減らす

「どんなに重要な飲み会であっても、報告をすると大抵いい顔はしてくれない」と女性の反応を明かします。重要な会だからこそ、なくすのではなく減らし、「月1〜2程度なら大丈夫かと。飲み会の厳選が必要」と説明。


②検診は出来るだけ付き添う

妊娠すると、想像以上に検診があります。キンタロー。さんの夫はできる限り、同行したようで「これは本当に私もやってよかったと思う事。先生の言葉を直に聴くことで、母子の容態についてブレなく把握できる」とメリットを提示しました。

また女性にとって、度重なる検診は意外と心細いものなのだそうです。キンタロー。さんの夫の場合は、検診以外にも仕事の調整がつけば、無理をしてでもどこにでもついて行ったとのこと。


③食べ過ぎは旦那がセーブ

食事を受け付けなくなる人もいますが、キンタロー。さんの場合にはとにかく食欲が旺盛でした。そのため、「これを抑えるのは旦那の仕事」と話します。この”食欲を制止”することが、一番の難敵だったようです。


④妻が喜ぶ機会を増やす

サプライズは苦手でも、要望されたら反応ができていたようで「モノを探すのは、楽しかった。楽しかった末の妻の反応も楽しみだった」「楽しい上に、旦那株も上昇」と明かします。

しんどい時ほど、喜べる場面を作ってあげたいという思いから実践したのでしょう。


⑤喧嘩した時は旦那が折れる

喧嘩をした際はお互いの言い分がありますが、大体の場合には男性の心のうちで「おれのが正論なのにな…」と思うだろうと話しつつ、「…無論、どっちが正論かもどうでもいい。喧嘩をしているのだから、妻は怒っているのである」と状況を冷静に判断。

妊娠中という時期なので「旦那が抑えられれば一件落着。妻はお腹の状態と闘っているわけだから旦那は自分の感情と闘えばいい。…それも夫婦の助け合い。。」と語りました。ちなみにこれは、知り合いの住職さんからの受け売りのようです。


⑥機械系の情報は旦那が入手

こちらについてはまちまちかもしれませんが、キンタロー。さんが機械系が苦手だったためフォロー。「電化製品、チャイルドシート、ベビーカーは旦那が担当した方が上手くいくと思う」としています。


⑦思い出作りを企画する

多くの人から「限られた夫婦2人の時間。それは、本当に貴重なもの。。」というアドバイスをされていたそう。そのため、温泉やマタニティフォトをはじめとして、様々な思い出作りに励みました。

特にこの2つは強力な思い出になったそうで、夫婦ともに大満足なようです。


■素晴らしいです!

この投稿には、妊娠中の人をはじめとして絶賛する声が多く寄せられました。

「素晴らしいです! こんばんは、出産予定日まで1週間を切った妊婦です。書いてあることの半分以上、むしろ私が旦那さんにやってあげていた(やらした)ことでしたね」


「理想の旦那様 本を出して下さい」


「旦那さまのキンタローさんへの愛が溢れていて、いつも温かい気持ちにさせてもらってありがとうございます」


「男は無力」と言われることもありますが、安心した妊娠生活を送るために、できる配慮や気遣いをできるなんて、素敵ですね。

・合わせて読みたい→キンタロー。妊娠中の不調続きに実感 「男は無力である」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事