ミタパンから結婚報告を明かした笠井アナ 知らなかった同僚にほくそ笑む

笠井信輔アナがミタパンこと三田友梨佳アナから結婚の報告を受けたことを明かしました。

三田友梨佳
(画像は三田友梨佳 Instagramのスクリーンショット)

ミタパンという愛称で親しまれているフジテレビの三田友梨佳アナウンサーが結婚。元フジテレビアナウンサーで闘病中の笠井信輔さんは、自身の元にも連絡がきたことを明かしました。


■ミタパンが結婚

22日、三田友梨佳アナが、外資系企業に勤める30代のと結婚したことが明らかになりました。

23日までに婚姻届を提出したものの、挙式や披露宴は未定とのことです。また、アナウンサーとしての仕事も続けていくといいます。


関連記事:ミタパンの結婚をアナウンサー仲間が祝福 「結婚ってやはり…」

■笠井「速報に驚きました」

一件を受けて、笠井さんがブログを更新。22日に速報で「ミタパン結婚!」と入ってきたことに驚きつつ、「良かったなぁ。私まで幸せな気持ちになりました」と喜びを噛み締めていました。

22日には本人から「結婚しました」と連絡が入っていたことを明かし、『とくダネ!』(フジテレビ系)にレギュラー出演中で、同僚アナの伊藤利尋さんが「アナウンス室で隣の席なのに知らなかった!」と言っていたことに対してほくそ笑んでいたことを報告。

「会社を辞めている私にも連絡をくれるなんて、やっぱり三田ちゃんもいい子です。きっと、『笠井さんは、また知らないだろうなあ』と思ってくれたんでしょう」と、伊藤さんが知らなかった理由を推察しつつ、喜びを綴りました。


■報告がきた経緯

「『また知らないだろうなあ』と思ってくれたんでしょう」と話す笠井さんは、そう考えるに至った経緯を説明。

フジテレビに勤務していた頃「同僚アナと“恋バナ”をすることは、まずありませんでした」と綴り、同期の結婚事情なども全くわからなかったと言います。佐藤里佳アナが妊娠し“おめでた婚”をした際にも、「フランス料理をたくさん食べて太っちゃうんだな。可哀想に…」なんて、全く方向違いの心配をしていたのだとか。

そのうち、「うちのアナウンサーの熱愛・結婚・妊娠、そんなスクープ記事が出ると、決まって『とくダネ!』の私のデスクに、その記事が広げてありました」と、笠井さん“イジリ”の文化が出来上がった様子。

「早朝出社して、その記事を見るや否や『うそおおぉぉぉ~っ!』と、私が大きな声を上げるのをスタッフが楽しむのが定番に」と、当時のことを回顧しました。

そして、「『情報的介護』ですよ。恋愛情報に疎い情報アナへのサポートは続いています」と冗談めかして締めくくっています。

アナウンサー同士のやりとりに癒やされます。退職した先輩への報告を忘れない三田アナ、素敵ですね。

・合わせて読みたい→笠井アナ、北海道の小中学校休校の決断に言及 「前例のない決断をした」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事