漫画ではない本を読んでいるだけで…自分が頭がいいと錯覚する瞬間

自分のことを頭がいいと思うのは、難しいことです。ただちょっとしたことで、錯覚することはあるかもしれません。

読書
(ijeab/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

勉強ができたり状況判断に優れていたりする人を、まとめて「頭がいい人」と言われます。自分のことを頭がいいと思っている人は、どれほどいるのでしょうか。


■「自分は頭がいいほうだと思う」3割程度

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に、自分は頭がいいほうだと思うか、調査を実施しました。

自分は頭がいいほうだと思うグラフ

「いいほうだと思う」と答えた人は、全体で31.5%でした。

fumumu取材班は女性達に、自分が頭がいいと錯覚する瞬間について話を聞きました。


関連記事:「嫌な気持ちを引きずりがち…」 頭をリセットする方法はある?

①仕事にまつわる資料を見ているとき

「仕事ではまだまだ下っ端で、自分が引っ張ってするようなことはありません。そのような立場ですが一応、読んでもよくわからないような資料を私にも回してくれます。


それを見ているときには『私もこの会社の一員なんだな』と強く思い、ちょっとできる人になった気分になるんです。


現実はなにを書いているかも理解できないのですが、気持ちを上げるのは大切なことですからね」(20代・女性)

次ページ ②漫画ではない本を読んでいるとき

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事