そこまでしなくても…男子がドン引きした「ドケチ女子」

お金の使い方には人柄が出ますよね。あまりにケチケチしていると、孤立してしまうかも…?

悩む男性
(kaipong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

春からの新生活に向けて、今から節約を始める女性は少なくありません。しかし、度が過ぎてしまうと、ただの「ケチ」です。

自分では良かれと思っていても、周囲からはドン引きされていることも。

fumumu取材班が、仰天した「ドケチ女子」について、男性たちに話を聞きました。


①移動は徒歩にこだわる

「終電を逃した後、友だちの家までタクシーで移動しようと思っていたのですが…少しでもタクシー代を節約するために、歩けるところまで歩こうとする女子にドン引きしました。その場には4人いたので、全員で割れば1人の負担は1,000円くらいで収まったんですけどね。


節約が悪いとは言いませんが、空気は読んで欲しいものです」(20代・男性)


関連記事:合コンで遭遇した「ケチな男子メンバー」の最低行動3選

②飲み食いした分しか払わない

「大学のサークル仲間で飲み会をした時のことです。参加人数で割り勘するつもりで計算していたのですが、『私はビール2杯しか飲んでないから』と、きっちり2杯分しかお金を払わなかった女子にドン引きしました」(20代・男性)


③外食代を自炊で計算される

「『送別会を兼ねて豪華にしゃぶしゃぶ食べ放題に行こう!』とみんなで盛り上がっていたのですが、『3,000円も出せば大量のお肉が帰買えるのに…』と自炊で換算し始めた女子。


彼女が言っていることが間違っているわけではありませんが、一気に場が白け、楽しい雰囲気が台無しになってしまいました」(20代・男性)


④会計が間違ってないか確認する

「バイト仲間で串揚げを食べに行った時、会計時にオーダーした本数と注文内容が合っているかどうかを確認し出した女友達。


串入れに入れられた串を数えている姿を目の当たりにして、流石に店員もドン引きしている様子。一緒にいる自分たちまで恥ずかしい思いをしました」(20代・男性)


⑤ドリンクバーで吐くほど飲む

「ドリンクバーで何杯飲めるかに命を掛けている女友達。時間帯がある限り飲み続け、最後は吐きそうになっている姿を見て、ドン引きしました。


『元を取りたい』という気持ちも分からなくはありませんが、代金には場所代だって含まれています。飲むことに囚われてその場を楽しめないのは本末転倒では?」(20代・男性)


同じような振る舞いをしないように、気を付けたいものですね。

・合わせて読みたい→意外と貯まる! 「一人暮らしの節約術」聞いてみた

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事