「この人といると疲れる…」 関係性を見直すべきか、見定める方法はある?

長い付き合いだからといって、惰性で関係性を続ける必要はありません。関係性を見直すべきか、見定める方法を聞いてきました。

女性の会話
(shironosov/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「昔は平気だったのに、この人といると最近疲れるな…」 そう感じたのなら、無意識に苦手意識が生まれ始めているのかもしれません。

相手との関係性を見直すべきか、見定める方法はあるのでしょうか? fumumu取材班が聞いてきました。


①自信を折ってこないか

「他人の自信をボキボキに折ることを快感としている人って、残念だけどいるので…。一緒にいる人が、ネガティブなことばかり言って自信を削ってくるようなら、離れることを検討してもいいと思います。


新しいことに挑戦しようとしているときに、『大変そうじゃない? 失敗したらやばそう~』と、心配するフリをして不安を煽ってくる人もいますから。


一緒にいてポジティブな気持ちになれないのなら、関係を続けていてもデメリットしかないように思います」(20代・女性)


関連記事:その人、本当に友達ですか? 利用されないための人間関係チェック

②成功を喜んでくれるか

「自分の成功を喜んでくれるか、嫉妬して批判をしてくるかが、関係を続けていくうえで大切だと思います。私が会社で役職をもらったときに、周りの反応が本当に二分化されたんですよね。


『おめでとう』と自分のことのように喜んでくれる子と、『役職なんて付いたら結婚遠ざかりそう~』と馬鹿にしてくる子と…。これからも付き合っていきたい子がどちらか、考えなくてもわかりますよね」(20代・女性)


③こちらの状況を考えてくれるか

「学生時代の友達で、社会人になっても付き合っている子は、ちゃんとこちらの状況を考えてくれる子だけです。


仕事に慣れずになかなか会えない時期もあったんですけど、『時間できたら連絡してー! 仕事がんばれ!』と応援してくれた子たちとは、今でも一緒に旅行に行く仲です。


逆に『最近会ってくれないじゃん、いつヒマなの?』と一方的な連絡をしてくる子は、今では疎遠になってしまいました。相手の立場で物事を考えられる人と、長く付き合っていきたいですよね」(20代・女性)

一緒にいてぐったり疲れてしまうなら、無理に関係性を続ける必要はありません。

同じコミュニティにいて疎遠になれない状況なら、その場だけの関係と割り切って、プライベートではそれとなく距離を置くようにしましょう。

コミュニティ自体から離れられるなら、それもひとつの方法かもしれませんよ。

・合わせて読みたい→大人になって疎遠になる友達、追いかけたほうがいいの? 社会人に聞いてみた

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事