仕事中に疲れを感じたらどうしてる? おすすめの方法を聞いてきた

仕事で溜まった疲れを和らげるために、簡単にできる事はあるのでしょうか? fumumu取材班が聞いてきました。

疲れる女性
(seb_ra/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

仕事中に疲れを感じたとき、その後の仕事をどうやって乗り越えていますか? ひたすら頑張るのも方法のひとつですが、適度に発散する方法を知っておけば、業務がグッと楽になるかもしれません。

仕事中にササっとできる対処法を、fumumu取材班が聞いてきました。


①歩き回る

「デスクに向かってする仕事なので、ずっと座っていると体がだるくなってくるんです。集中力も切れてくるし、パフォーマンスも下がるんですよね。


疲れを感じたら、会社の周りを一周したりして、少しでもいいから歩き回るようにしています。外の空気を吸いながら体を動かすことで、頭もスッキリ冴えてくるんですよ。


仕事で煮詰まったときに歩き回ると、いいアイデアが浮かんでくることもあります。オフィスから出ることで、気持ちが切り替わることも効果があるのかもしれないですね」(20代・女性)


関連記事:自分のペースを崩さないために 気持ちに余裕を持つ3つのコツ

②仮眠する

「お昼休みに、20分くらい仮眠することが多いです。少しだけ仮眠すると頭が冴えるんですよ。寝すぎると逆に体がぐったりするので、30分以内がおすすめです。


デスクで突っ伏して眠ることもあるけど、それだと首が痛くなることもあるので、休憩室のソファが空いているときはそこで寝っ転がっています(笑)ブランケットを会社に置いておけば、スカートのときも安心です!」(20代・女性)


③ストレッチ

「午前と午後に5分ずつくらい、ストレッチをすると頭がシャキッとしますよ! 疲れを感じずにずっと仕事に集中するのは、なかなか難しいと思います。


適度に体を伸ばして、溜まったコリをほぐしてあげると楽になりますよ。本格的なストレッチじゃなくても、首や肩甲骨をぐるぐる回したり、腕をぐっと伸ばしてあげるだけで全然違います。


最近は私がストレッチをしていると、一緒にやってくれる先輩たちも増えました(笑)」(20代・女性)

その他は、「甘いものを食べる」「ホットコーヒーを飲む」「ミストタイプの化粧水をかける」などが出てきました。

自分にぴったりの方法を、ぜひ探してみてくださいね。

・合わせて読みたい→ヨガインストラクターに聞いた! 今すぐできる「秋バテ対策」5選

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事