100%は無理だけど…めちゃくちゃ避妊対策しているカップルの方法とは?

妊娠率を下げるためにカップルたちが取り組んでいることとは?

コンドーム
(Mukhina1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

現状、100%の避妊は存在しませんが、愛情表現であることからエッチしたいカップルは多いですよね。そこで、fumumu取材班は、授かり婚を避けたいがために、避妊対策を徹底しているカップルに話を聞いてみました。


①ゴム+外だし

過度だと言われようと僕は一貫したスタイルは崩しません! と言い放つ男子は…

「できちゃった婚、今は授かり婚とも言いますが、僕は過度ともいえる避妊対策をしています。それは、過去にできちゃった婚で失敗した女性からリアルな話が脳内に記憶としてとどまったからでもあります。


その女性いわく、ゴムをしたうえで中に出すのではなくて、ゴム着用のうえ、外に…という徹底を極限まで極めた手法だったんですね。100%はこれでは無理ですが、今のところは確実に避妊ができています」(20代・男性)


関連記事:ゴムを使って欲しいのに…ピルを提案してくる彼への対応は?

②至る所にゴムを準備

つい雰囲気に流されたり、準備をきちんとしていなかったり…で避妊対策が甘くなるときありますよね。でもこんなにバッチリ対策をとっているカップルもいるんだとか。

「ゴムはどんな時でも絶対です。なので、ポケットや車、財布の中といろんなところに仕込んでいます。思わずムラムラして、いい雰囲気になって…そんな時に必ずゴムがあります。


一応、彼女にもかわいいゴム用のケースを買って、持ち歩いてもらっています。そして、僕はゴムをつけていても、なるべく外出しにするようにしていますので、かぎりなく100%に近い確率だと思います」(20代・男性)


③殺精子剤入りのゴム

100%の避妊の方法はありませんが、今は絶対に妊娠したくないと思っていた女子。彼と相談して避妊対策を完璧にすることになったそうです。

「仕事が軌道に乗っていたので今のタイミングでは妊娠はしたくない。なので避妊対策を抜かりなく行うことにしました。まず病院に行きましたが、私はお腹を下しやすい体質だし、合わなそうだしでピルは怖く感じてしまいました。


そのため、彼は殺精子剤入りのコンドームを着用し、精子を確実に殺してなおかつゴムをつけるという徹底ぶり。最近では、海外でパッチ式や、男性用のピルなどの話も出ているので、2人でよくチェックしています」(20代・女性)


カップルで避妊について話し合うことも大切ですよね。

・合わせて読みたい→エッチのあと…彼女のカラダをいたわる彼氏がしていること

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事