自分は恋愛対象としてしかみてない…プロポーズの断り方3パターン

結婚相手としては考えられない人からプロポーズされた時の断り方とは?

プロポーズ
(Motortion/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚を前提に付き合っている場合と、ただ恋愛を楽しみたい交際の場合とあると思いますが、双方の食い違いから結婚するつもりのない相手からプロポーズされて困った経験がある人もいることでしょう。

そんな時、できるだけ傷つけずに断るにはどうしたら良いのでしょうか。fumumu取材班は聞いてみました。


①非現実的なお願いで間接的に

独身だって満喫する方法はいくらだでもあるため…

「私は、恋多き女で、結婚に興味がありません。仕事が好きというのも家庭に入りたくない理由の1つです。これまで付き合っている相手からプロポーズを受けたことがありますが、断っている私の2パターンは少しえげつないもの。


『もう少し女を安心させるために年収が高くないとな…』というものと、『海外に居住したい』という言葉を告げて、今のところ100%断っています。女性はすべて結婚願望があるわけではありません。もし私のような女が苦手な男性は、結婚願望がある女性なのかあらかじめ聞いておいたほうが良いかなと思います」(20代・女性)


関連記事:叶姉妹、恋愛観や結婚しない理由を告白 「きっと約束を守れない」

②価値観が違い過ぎると正直に言う

きちんと現実を伝えるのも誠実さです。恋愛と結婚は違うものだし、お互いのためにも話し合いは大事でしょう。

「『一緒に過ごす恋人としては最高に楽しい人だけど、結婚となると価値観の違いが大きすぎる』と思っていることを正直に伝えると思います。


今はまだしたくない、などという断り方をすると相手に期待させてしまうので、ここは言いづらいですがはっきり伝えます。生活を共にするのに価値観の違いというのは大きなことです。そして、どちらかが悪いとかそういうことではないということも合わせて伝えます」(30代・女性)


③「別れたくはないけれど…」

好きだったけど、金遣いは荒く、仕事は安定していない彼との結婚は考えていなかったという女性は…

「彼からまさかのプロポーズ。彼のことは好きだけど、結婚はしたくなかったので断ることにしたのですが、別れたくはありませんでした。


なので、ひどいかもしれませんが、結婚するのではなくもっと付き合って新鮮な気持ちでいたいと伝えました。彼は、結婚が全てではないことを伝えると、そのライフスタイルに納得してくれました」(30代・女性)


正直に自分の思いを伝えて誠実に向き合うか、別れる覚悟があるならクッション表現などを使って断るのが良さそうです。

・合わせて読みたい→行動あるのみ! 「結婚できる女」と「結婚できない女」の違い

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事