男子は計画的結婚なら積極的になりやすい? 人生計画を立てる方法

男性が計画的な結婚に前向きになりやすい理由や、誘導方法とは?

カップル
(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

結婚願望が芽生える時期は男性の方が遅い傾向にあるといいますが、計画的な結婚なら男性は積極的になりやすいそうです。

そこで、fumumu取材班は、早く結婚したい場合に、どのように人生計画を進め誘導できるか聞いてみました。


①家庭をどう回すか明確に

よく働く男子相手なら、家庭的要素をMAXにしておくと良いことが起きるかも?

「私は、結婚してから4年目を迎えた主婦です。念願の専業主婦になることができたのは、計画的結婚をしっかりと企てていたからかもしれません。


男性で仕事が安定しているという前提こそありますが、まず専業主婦希望だった私としては、料理や家事をしっかりこなして、家庭的要素をフルに高めておき、アピールしていました。


男性はビジョンを元にした話は聞く耳をとことん持ちます。結婚してから3年後に子どもを作る、5年後にはマイホームのために貯めていた貯金を使い、という形でビジョンを明確にして話し、留守中のことは任せてほしいと安心させてあげるんです」(30代・女性)


関連記事:「この子を一生離したくない!」 男子が結婚相手を選ぶときのポイント

②今と未来を自然に繋げるよう誘導

改まって将来は…と話し出すと構えてしまう男子も多いはず。二人の今から将来へと話題が自然と繋がるようにするといいのかも。

「彼との休みがお盆や年末年始と言った混み合う時期しかなかなか合わなかったので、その時に行く旅行の手配はいつもだいぶ前からするようにしていました。


来年のお休みは…みたいな感じで話しているうちに、自然と結婚のタイミングも話題にあがるようになったんです。どのお休みを新婚旅行にするか…とかとても楽しい未来計画で盛り上がりました。


自分たちの“いつも”から“未来”にうまく繋げて誘導すると男子も乗り気になってくれるのかもしれません」(20代・女性)


③お金の具体的な計画を

家庭を支えるのは男性という意識がまだ世間にはあるため、仕事が落ち着いてからという男性も多いようです。

「私の彼は結婚に対して超慎重派。仕事が波に乗っているときを避けて結婚したいとのことで計画して結婚しました。男子の人生計画の立て方はまず、いくら貯めたら結婚するか決めること。


あとは仕事はどこまで成長したら結婚するか、も大切です。お金も結婚を決めてから時期を決めましょう」(30代・女性)


少しでも早く結婚話に進むと良いですね!

・合わせて読みたい→「この子を一生離したくない!」 男子が結婚相手を選ぶときのポイント

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事