略奪系女子はさりげなさを装って彼に近づく… 驚いた経験談とは?

男子を警戒させず近づく略奪女子の手口とは?

怒る女性
(torwai/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

略奪系女子は、男性に警戒させずに近づくのが上手い人が多いですよね。その周到さに驚かされることもあります。fumumu取材班は実際の経験談を聞いてみました。


①「帰らなくていいよ」

メンバーが揃わず、二人きりにしてしまい怖い思いをしたと言う女子の経験談は…

「昨年、彼が恐ろしい略奪系女子に狙われていました。接近されたのはSNSを通じて趣味が同じ人たちと仲良くしていたようですが、2:2オフ会予定があったみたい。でも、急遽メンバーがそろわなかったと、そのうちの女性と二人きりだったようです。


彼いわく、『門限は特にないから私は今日帰らなくていいよ』と告げられたそうで。ただ、彼はまだ良心の欠片があったため、きちんと断ってくれました。そして、アカウントを見ていたら、略奪したいという投稿が見えて、彼にはもう二度と関わらない約束をしてもらいましたね」(20代・女性)


関連記事:「彼氏気づけよ!」彼女がいると言っているのに…略奪系女子の危険な返信

②二番目から始める

わかりやすい略奪だけではなく、したたかな女性もいるようです。あらゆる手を使って振り向かせようと必死な女性は怖いですよね…。

「ある程度親しくなって、彼が信頼し始めた頃に『彼女がいてもいいからそばにいさせて…』と情に訴えて彼氏に近づいてきた女子がいました。


自ら二番目の女に居座り、あわよくば本命へとの昇格を狙う女だったんです。『別れて…』とは言わず、ひたすら彼を癒すことに尽くしていたその女にまんまと略奪されました。その時は怒りで頭がどうにかなりそうでした」(20代・女性)


③悪口をうまく吹き込み誘導

友達の中でも有名だった略奪系女子。彼と付き合っているときに徐々に近づかれ、結果的に驚きの結果になってしまったそうです。

「友達の中でも、人の彼氏を略奪するとうわさされている子がいました。私が彼氏と付き合っているとき、たまにその子も含めて一緒に遊ぶこともありました。私が彼氏のグチを言うと『あんなやつやめといたほうがいいよ』と言って一緒に悪口を言っていました。


その後、彼からは私のことを幸せにできないと振られ、すぐに略奪系女子と付き合ったことが分かりました。私に悪口を吹き込みながら彼に近寄っていたのです。最低だなと思いました」(20代・女性)


彼女としては、こういう女性は嫌ですよね…。

・合わせて読みたい→人のものが欲しくなる!? 彼を狙う女友達の特徴

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事