「3B」の美容師、実際のところなにがいけないの?

美容師が付き合ってはいけないと言われる方法とは?

(Koji_Ishii/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

付き合ってはいけない「3B」として挙げられることもある、美容師・バーテンダー・バンドマン。実際のところ何がいけないのかさっぱりわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、fumumu取材班は美容師の男性について話を聞いてみました。


①将来性が不明瞭

何がしたいのかが明確に見えまなかったと話す女子は…

「私は、いま定期的に通っている美容師の男性に恋をしています。ですが、そんな私に職場の先輩が『3B職の男は止めておいたほうがいいんじゃない?』と、意見をされました。彼はまだスタイリストではなくアシスタント。


よく考えてみると、将来お店を持つ予定について尋ねても明確な答えはありませんでした。アドバイスをくれた先輩はクールで知的なイケメン男子。言っていることに外れたことがないため、止めたほうがいいという言葉が、脳裏から離れなくなってきています」(20代・女性)


関連記事:キャバ嬢に聞いた! 美容整形で得られるメリット&デメリット

②休みや収入・女性の不安定さ

付き合ってはいけないと言われる3Bに含まれる美容師。実際に付き合ってみると苦労する部分がたくさんあったそうです。

「過去に美容師の彼氏と付き合っており、髪をいつでもいじってもらえるというメリットがありましたが、それ以上にデメリットがたくさんありました。まずは休みがとにかく少なくデートになかなかいけないこと。


そして労働時間の割に収入が少なく、でもおしゃれにお金をかけなくてはいけないのでいつもデートは割り勘か私が払っていました。一番のデメリットは女関係の悩みが消えないことでした。お客さんに狙われる、従業員との浮気など。最終的に心配することにも疲れて別れてしまいました」(20代・女性)


③チャラさは人それぞれ

イメージでチャラいと思われがちな美容師ですがそれは人それぞれ。他の職業と同様、その人となりをみて判断することがなにより大事なようです。

「チャラいと思われがちな美容師ですが、みんながみんなチャラいわけではありません。いけないと言われる理由はわかりませんが、土日休みではないので、デートはなかなかできないのが現実です。それゆえ寂しい思いをさせてしまうことは確かに多いかもしれません。


また、若いうちの給料はとても安いので、結婚してもしばらくは家族に苦労をかける可能性が高いです。チャラい人も確かにいるので美容師としてではなく人間として見極めることは大事ですね」(20代・男性)


不安定な面が多いようですが、美容師全員が「付き合ってはいけない」というわけではないため、しっかり見極めたいですね…。

・合わせて読みたい→ネイルを褒める男子には要注意? 高収入の人にも多いけど…

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事