付き合っても連絡しない彼… 電話して欲しいときのアプローチ方法は?

彼氏と電話をしたい場合のアプローチ方法とは?

スマホを見る女性
(tommaso79/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きな人と付き合うことができたら、彼女の特権とも言える「何気ない電話での会話」に憧れる女性は多いのではないでしょうか。

ですが、そんな期待とは裏腹にまったく電話をしてこない男性もいます。そこで、fumumu取材班は、アプローチ方法を聞いてみました。


① 仕事の相談など話しやすい話題で

ルールを決めていくことが、彼を変えていける手段だと確信した女子は…

「恋人関係にあるのに、電話をしてこない彼にはやきもきしてしまいますよね。アプローチ方法は色々とありますが、ルールを決めて、週に1度は身の回りで起きたこと、あるいは仕事の相談などをし合おうという提案をすると男性は乗ってきやすいですよ。


”毎日”だと重く感じる人も、1週間に1回であること、そして相談されて頼られたいという側面があるので、そこを逆手に取って、『ありがとう、本当に頼りになる。心が楽になった』とよくお礼を言うようにするんです。


私の場合は、今では彼の方から電話してくるぐらい豹変してしまいましたよ」(20代・女性)


関連記事:切るタイミングに困る! おやすみ電話の注意点や方法

②声の価値を伝えてみる

電話以外にも連絡を取る手段はたくさんありますが、それでも電話にこだわるのには理由がありますよね。

「LINEやメールではなく“電話”となると、違いは”声”です。今の彼はなかなか電話してくれませんが、声が聴きたいと何度もかわいくおねだりしたら、やっと電話してくれました。かけてきてくれ時はこれでもかってくらい喜んでみせます。


また次も電話をかけてきてもらうためにがんばります。こんなに頑張らないとかけてきてくれないなんて…と思いますが恥ずかしくて苦手みたいなんで頑張ります」(20代・女性)


③言わないとわからないことも

素直に声を聞きたいことを伝えることも時には必要そうです。

「付き合っても電話はしてくれず、毎回メールばかりでした。お互いの家の距離が遠かったので、『おやすみ、だけでもいいから毎日声が聞きたい!」と伝えました。


気持ちが伝わったようで彼は少しでも毎日電話してくれるように。さらに仲が深まりました。男性はあまり連絡にこだわらない人も多いようで、言わなきゃわからないこともあるみたいです」(20代・女性)


たまにでも、電話をする習慣がついたらいいですよね。

・合わせて読みたい→職場の電話に出るのが怖い! 克服する方法はある?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事