バレンタインでまさかの破局も… 浮かれて大失敗した経験談

バレンタインで破局にもつながるトラブルが起こる原因とは?

挫折する女性
(twinsterphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

バレンタインだからと浮かれていると、まさかの破局につながってしまうことがあります。fumumu取材班は失敗談を聞いてみました。


①近場のモノで済ませて後悔

付き合いが長くても、油断大敵! 慎重になって進めていかないと失敗するそう。

「バレンタインは私にとってさほど重要ではないと甘く見ていて大失敗した経験があります。付き合いも長くなってきたので、まあいいかと、コンビニで買ったものを渡してしまいました。


今回、別れてしまう直前までいってしまったのは、付き合いが長くなってからというもの、毎年のようにコンビニで買ったチョコを今の彼に渡したことがきっかけです。


彼の歴代の彼女は、全て手作りのチョコをプレゼントしていたようで、『こんな扱いを受けたのは初めてだな』と告げられたんです。そこまで重要なイベントだったんだ…。そう思い女友達に意見を求めたところ、やっぱり私が悪いと総スカンでした。


『今後は手作りで想いを込めて渡すから』と懇願し、何とか許しを得ましたが内心そわそわしています」(20代・女性)


関連記事:バレンタインにどうしてもあげたい…甘くないおかしのレシピ3パターン

②彼女の気持ちを台無しに

気になっていた女子からチョコレートがもらえてラブラブに…と思いきや、タイミングを間違えるとこんな悲劇に。

「気になっていた女の子からチョコレ-トをもらうことができました。でもタイミングが悪くて…周りにからかうのが大好きな男友達がたくさんいたんです。それで恥ずかしくて、つい意地を張り『別にテンション上がんないし』とか発してしまって…。


喜びたいのに逆の反応しかできなかったんです。もちろん彼女はそんな僕をみて逃げ去ってしまいました。そのあとに僕から告白しましたが、全然気持ちを信じてもらえませんでした」(20代・男性)


③指紋たっぷりのチョコレートで…

料理が苦手だけど彼の喜んだ顔を見たくて一生懸命作り、完成したチョコは指紋だらけ…。彼はドン引きし、その後別れたんだそう。

「バレンタインは手作りのチョコでしよ! とはじめての彼氏とのバレンタインに張り切って作ろうと思ったものの、不器用で料理が苦手だった私…。でも、彼のためにチョコ作りにチャレンジしました。


できあがったのは指紋だらけの、生チョコでした。彼の引きつった顔を今でも忘れることができません。その後、彼とは別れてしまいました」(20代・女性)


他にもよくあるケースとして、仕事で忙しくて当日会えない彼を責めて大げんか…なんて言うのも聞きます…。

・合わせて読みたい→本命チョコと勘違いした男子の恥ずかしい体験談

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

おすすめ記事