バレンタインにどうしてもあげたい…甘くないおかしのレシピ3パターン

甘いものが食べれない彼にどうしてもお菓子を渡したいなら?

料理
(golubovy/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

バレンタインというと、チョコレートや甘いお菓子をプレゼントするというイメージですよね。ですが、彼氏が甘いものが苦手だと、プレゼントに迷ってしまうことも…。

そこで、fumumu取材班は、彼氏に喜ばれた甘くないお菓子を聞いてみました。


①ビターテイストのお菓子

手作りで攻めるのが常套手段、甘いのが苦手なら彼に合わせたビター風味で作りましょう。

「バレンタインにコンビニで買ったチョコをあげる女子もいますが、できれば手作りであげたいものですよね。ビターのように、甘くないテイストを男性は好みます。


私があげているレシピは2つ、クッキーなら小麦粉・バター・砂糖・豆乳に、甘みのない純ココアを小さじ1杯分が代表的です。チョコケーキなら、卵黄・薄力粉・砂糖・牛乳。加えて、バター・ビター板チョコ・ココアのパターンです。砂糖は極力少なめです」(30代・女性)


関連記事:バレンタインに男子が嬉しかったのは? 印象に残ったプレゼント3選

②黒胡椒とチーズのクッキー

甘いのが苦手な彼にも、バレンタインはなにかあげたいというのが乙女心。クッキー=甘い、という概念を覆すこのレシピ、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

「甘いのが苦手な彼。バレンタインは毎年悩みでした。でもある時作ったクッキーが大好評でそれからは毎年コレと決めています。


作り方も簡単で、普通のクッキーのレシピから砂糖を抜き、その代わりに黒コショウと粉チーズを加えるだけ。ワインやシャンパンにもよく合う味で、男性受けも抜群です」(20代・女性)


③ご飯系のマフィン

彼は甘いものが苦手なのでバレンタインに甘くないものをあげたい。バレンタインの時に甘くないお菓子を作ってあげたらとても喜んでくれたそう。

「バレンタインには甘いチョコ菓子と思っていたのにまさかの彼が甘いものが苦手! でも何かあげたいので、甘くないものをあげることにしました。1つ目はご飯系マフィンです。


自然な甘みが大丈夫ならバナナで甘みを作るのも方法ですし、甘くないジャムなどは活用できます。朝ごはんの代わりなどに食べることができるので喜ばれました。次の年には、マフィンの風味を変えました。想像力が膨らんで楽しいですよね」(10代・女性)


彼でも食べれるお菓子を作れるといいですね!

・合わせて読みたい→狩野英孝、鳥居みゆきからの手作りバレンタインに衝撃 「怖すぎる」

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事