既婚女性が独身女性よりも老けて見える理由は? 簡単な改善策3選

既婚女性でも、独身女性と同じように若々しい見た目を維持することは出来ます。その方法について、詳しい話を聞きました。

疲れる女性
(monzenmachi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

同世代の独身女性を見て、「私より全然若く見える」とショックを受けている既婚女性は少なくありません。

年齢的な差がないのなら、見た目に大差が付いてしまうのは避けたいですよね。

そこで、fumumu取材班が、簡単な改善策について、経験者の既婚女性たちに詳しい話を聞きました。


①仕事と家庭の両立に疲れている

「週末に祖父母に子どもを預け、夫婦で映画を観たり食事に行ったりしています。『子どもを預けてデートなんて非常識』と思っている人も多いみたいですが、祖父母は孫と、私たちは夫婦で、お互いに水いらずの時間を過ごせて一石二鳥ですよ。


でも、結局、夫婦2人きりになっても話すことは子供のことばかりだし、『お土産を買って早く帰ろう』ってなるのがオチなんですけどね(笑)」(20代・女性)


関連記事:未婚の母、浜崎あゆみに「正直羨ましい…」既婚女性たちの本音3選

②子育て中は自分磨きの時間がない

「休日は子どもを夫に預けて美容室やマッサージに行き、自分メンテをさせてもらっています。最初は、『自分だけ贅沢させてもらっていいのかな…』と、罪悪感もありましたが、元気になった分だけ家族に優しく出来るようになりました」(20代・女性)


「産後、スチーマーを購入しました。エステに行けなくても自宅でエステ気分が味わえ、お肌も少しずつ潤いを取り戻してきました。スチーマーを使うのは朝晩の10分程度ですが、コツコツ続けることでハリも出始め、気分も明るくなります」(20代・女性)


③産後に体型が崩れた

「出産で骨盤が開き下半身太りしてしまったため、インスタで話題の骨盤矯正ショーツを履き始めました。毎日履くだけで骨盤ケアができるので、とっても簡単! 出産前よりも痩せたと褒められます」(20代・女性)


「体型維持のため、家でもオシャレを心掛けています。産後もゆったりとしたマタニティウェアを着続けていると、いつの間にか体型もだらしなくなってしまうので。


中でも、ボディのシルエットが一目で分かるレギンスは、体型の変化に気付きやすく、ダイエットの意識も高まるのでオススメです」(20代・女性)


独身女性のように若々しくいるためには、日々の努力が大切です。

出来ることから、コツコツ始めてみませんか。

・合わせて読みたい→どうして? あっさり独身に戻った「バツイチ女性たちの本音」

(文/fumumu編集部・志都

おすすめ記事