小栗旬が2022年大河主演に! あの監督とのコラボにファン興奮

2022年の大河ドラマで俳優の小栗旬さんが北条義時を演じることが発表されました。

小栗旬

俳優の小栗旬さんが2022年NHK大河ドラマの主演を務めることが発表されました。


■大河ドラマの主演に

8日、公式ツイッター「NHK広報局」は、俳優の小栗旬さんを主演に迎え、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を制作することを発表しました。

小栗さんが演じるのは、源頼朝の妻の北条政子の弟であり、鎌倉幕府の2代目執権を務めた北条義時。「北条氏の執権政治」「承久の乱」など名前を聞いたことがある人もいるのでは。

小栗さんは『西郷どん』では坂本龍馬、『八重の桜』では、吉田松陰を演じました。名高い偉人を演じてきた小栗さんがついに大河主演…!北条義時の怒涛の人生を1年を通してどのように演じ切るのか。2年後の放送になりますが、とても楽しみです!


関連記事:賀来賢人、小栗旬とのツーショットに「かっこよくて、かわいい!」と反響

■脚本はあの人

さらに、2022年大河ドラマにはもう1つの注目ポイントがあります。それは、脚本を三谷幸喜さんが担当するということ!


三谷さんは2016年に放送された大河ドラマ『真田丸』でも脚本を担当しています。そして、今回で大河ドラマの脚本執筆は3回目! その手でどのような壮大な物語を生み出すのか期待が高まります。

「小栗さんが大河主演というのを大河ファンである僕が見たかった」と三谷さん。大河ファンならではのこだわりでかっこいい小栗さん演じる北条義時を生み出してくれることでしょう。

大河ドラマで、舞台となることが少ない鎌倉時代を、そして北条義時を三谷さんがどのように描き小栗さんが体現するのか、楽しみ!


■楽しみすぎる!

小栗さんの大河ドラマ主演を決定したことに様々な反響が寄せられています。

「ついに満を持して小栗旬主演! 期待しております!」


「小栗くんが大河の主演をすることに感涙しました」


「かぶりつきで観まする。再来年」


今までイケメン高校生、織田信長、敏腕社長と様々な役柄を演じてきた小栗さん。待望の大河主演にファンは大喜びです。

小栗さんは一家でアメリカに移住し、現在活動をしています。海外に移住してしまい、日本でのメディア露出が減ってしまいました。そのことも嘆いていたファンからも歓喜の声が寄せられています。

まだ、撮影も始まっていない状況ですが、かなりの盛り上がりです。ファンにとっては嬉しすぎる情報解禁でした。

今後、キャスト、ビジュアルなどが発表されていくはず。これから、小栗さんと三谷さんの動きに目が離すことができません!

・合わせて読みたい→藤森慎吾、小栗旬から突然のプレゼントに衝撃 「好きがとまらないよ」

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事