MISIA、レインボーフラッグを背に圧巻パフォーマンス 「ミッツいなかった?」

『第70回NHK紅白歌合戦』で、紅組のトリを務めたMISIAさんのステージに反響が寄せられています。

紅白

12月27日、NHKの公式サイトで大晦日の『第70回NHK紅白歌合戦』の曲順が発表された際、MI歌手のMISIAさんが紅組のトリであることが伝えられました。

この時から、ネット上では「待ってました!」「MISIAがトリとか、今から鳥肌」と反響を読んでいました。


■名曲メドレー!

MISIAさんは、2018年に放送されたドラマ『義母と娘のブルーズ』(TBS系)の主題歌「アイノカタチ」と名曲「everything」を披露しました。

「アイノカタチ」を壮大に歌い、衣装を変えたMISIAさんは、バックの液晶画面に映し出された6色のレインボーカラーを背に、「everything」を披露しました。


関連記事:SMAPファン大歓喜! キスマイがパフォーマンス中に粋な計らい

■ステージはレインボーフラッグ

出演者の方々の手にも、レインボーフラッグ。伸びやかな歌声のあとは、ゴスペル調にアレンジした「everything」で、出演者と、会場が一体感に包まれていました。

『NHK紅白歌合戦』の公式ツイッターでも「年齢も性別も国境さえも越え 熱い思いがつまったステージ」とあるように、2020年の幕開けとともに、MISIAさんの願いが詰まったステージだったように感じます。


■「ミッツさんいなかった?」

MISIAさんの強いメッセージを感じる迫力のあるステージには、視聴者から多くのコメントが寄せられています。

「MISIAのレインボーカラー、レインボーフラッグ。 時代的に変わることをNHKが紅白がキャッチアップしようとしてる」


「自由の希望の見える令和がはじまったんだ」


「レインボーフラッグのフィナーレ胸熱」


また、一瞬写ったコーラス隊の中には…ミッツ・マングローブさんの姿が! これには「え…? ミッツいなかった?」「ミッツさん率いるジェンダーの方々がコーラス…すごい!」「ミッツが1番の衝撃」と、発見した人のツイートでザワついています。

MISIAさんの圧巻パフォーマンスはちろんのこと、ステージ上の女性同士のダンサーや、ドラァグクイーンに注目し、ジェンダーレスに対するメッセージを強く感じた方も多かったようです。氷川きよしさんの紅白半々の着物姿も美しく輝いていました。

2020年、令和2年。少しでも、多くの人が生きやすい社会になりますように…。

・合わせて読みたい→元ナンバーワンキャバ嬢・愛沢えみり、異色の2ショットにファン騒然

(文/fumumu編集部・冬野 とまと

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事