不器用な漫画家が正月飾りを作ってみた 今年もなんとかなった件

お正月に飾るしめ縄。古代好きの記者が不器用ながら自作してみたぞ

注連縄作成

お正月になると各家庭で飾られる「しめ縄」。お正月の神様をお迎えするためのものです。古代史好きの記者はなんとなく3年前から自作しはじめました。

イラストレーター・漫画家としても活動するものの、子供の頃から図画工作が苦手で成績はいつも4止まり。プライドだけは高いため、誰にも習わず独学で作るが毎回微妙な仕上がり…。そんな記者自作の注連縄、果たして今年の出来栄えは?


■用意するもの

というわけで、用意するのはこちら。稲わら、ウラジロ、半紙、トンカチ、麻紐、きりふき、タオル。ワラは、インターネットでも注文でき、その他はスーパーなどでも手に入ります。

注連縄自作

お正月のしめ縄というと、とても綺麗に飾り立てられた豪華なものも多いのですが、あくまで古代好きとしては、最低限のもので作りたい気持ちが! やはり古代は硬派です。


関連記事:ついつい集めちゃうポストカードを使って春の部屋を可愛く飾ろう

■ワラをシナシナに

まずは必要なワラに水をかけてシナっとさせます。このときは霧吹きが便利ですよ。

注連縄作成

そして、ワラを扱いやすくするよう、トンカチでガンガンつぶしていきます! はじめての年は、家族からまた何かはじめたと奇異な目でみられたのが懐かしいですね。なかなかの衝撃なので、家族がいる方は迷惑のかからない時間がオススメです。

注連縄作成

こうしてシナシナになったら、ワラをふたつにわけます。

注連縄作成

ここまでが下準備。いよいよメインの巻きに進みます!


■巻き巻きしよう

まずひとつのワラ束を巻いていきます。手を交差させて左巻きに巻きに。元の部分を麻紐で仮にくくったり、膝で抑えて巻くと巻きやすいですし、なんかプロっぽい!

注連縄作成

こうして、できたものに、もう一つの束をくっつけて

注連縄作成

すでに巻いたほうに沿って、ネジネジしていきます。

注連縄作成

グルっとまわして麻紐でくくったらまず一つ完成! 同じ工程でもう一つできたら、しめ縄部分の完成です。

注連縄作成

なんか汚いですが、古代っぽくていいのではないかと自分に言い聞かせ次の工程にむかいます!

次ページ ■形にしていく

この記事の画像(17枚)

おすすめ記事