デヴィ夫人、美術展に出店する絵画が完成 「画家になることを夢見ていた」

絵を描くのが趣味であるデヴィ夫人は、美術館に出展するために絵を描いていました。

デヴィ夫人
(画像はデヴィ夫人ブログ のスクリーンショット)

29日、タレントデヴィ夫人が、羽田国際線の旅客ターミナル会場で8日間にわたって開催される「文化人・芸能人の多才な美術展」に出展する絵画の工程や完成品をブログで紹介しました。


■画家になることを夢見ていた

幼少の頃から絵を描くのが好きで、「天才だ、天才だ」と言われて育ったというデヴィ夫人。自身も「将来は 画家になる事を夢みていた頃も あったほど」と絵画に対する熱意を明かしました。

今も趣味は続けていて、「たまの休みには、 お気に入りの音楽をかけながら コンサバトリーにて優雅に絵を描いています」と私生活を明かしています。

デヴィ夫人の絵は、友人でありフランスの現代画家のカシニョールさんの作品が大好きで、作品も多く所持しているため、どうしても彼に似てしまうのだと説明し、「私がいかにカシニョールに傾倒しているか、私の絵を見ると判ります」と熱い思いを綴っています。


関連記事:デヴィ夫人、スタッフと1日がかりのクリスマス準備に驚愕 「目を見張る…」

■美術展への出展

デヴィ夫人は10月から、21周年を向ける「文化人・芸能人の多才な美術展」へ出展するための絵を描き始めたそう。デッサンから始め、基礎となる土台の色付けを行なっていき…28日の夜にようやくラストタッチを加えるまで完成したとのこと。

「あとは出荷を待つのみ♪♪♪」と、達成感と嬉しさを伝えました。

(画像はデヴィ夫人ブログ のスクリーンショット)

■素晴らしい!!

完成を受けて、ファンからも絵を楽しむ声が寄せられました。

「テーブルには赤いバラ、広いお庭の後方には、緑豊かな木立が描かれ、遠近感があり、解放的で、配色が明るくて、ステキな絵画ですね。デッサンがとてもお上手でいらっしゃいますね」


「なんて綺麗な色! 私はアンリ·マティスが好きなので、綺麗な色には、ほんとに癒されるおすましペガサス。デヴィ夫人の絵もお部屋に飾ったら癒されるだろうな」


「素敵な絵ですね。鮮やかな色彩で華やいでらっしゃる」


この目で現物を見てみたいです…。

・合わせて読みたい→菜々緒、ファンからの質問にズバッと回答 恋愛は「基本的に受け身」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事